現在地: ホーム > 学生生活 > 奨学金制度 > 奨学金を活用しよう!

奨学金制度

奨学金を活用しよう!

本学奨学金と本学以外の奨学金の組み合わせ次第では、両方を受給することが可能です。詳しくは学生課窓口までお問い合わせください。

POINT1:返済不要の「給付型」です!

本学及び本学関係奨学金は返す必要のない「給付型」の奨学金なので、卒業後の経済的負担はありません。

POINT2:学ぶ家族を支援します!

入学年度に家族(兄弟姉妹もしくは親子)が在籍する学生に、一人分の奨学金を給付します。在籍している家族数によって、給付額が変わりますので確認してください。

POINT3:バラエティに富んでいます!

本学関係奨学金には、大学から大学院へ進学する学生を支援する沖縄国際大学校友会大学院奨学金や、さらに大学院博士課程後期に進学する学生のための波平勇夫大学院博士課程奨学金もあり、高度な教育を希望する学生の夢を応援しています。また、家計支持者の急な被災等(失職・破産・倒産・病気・死亡等)で家計が急変した際に役立てる後援会奨学金もあります(詳しい出願情報は学生課まで)。

奨学金制度は自分のやる気につながっています

比嘉 久裕

経済学科 3年次
比嘉 久裕
(那覇高校出身)

1年次にオール優を取ることができ特待奨学生に選ばれました。入学した頃から一度でも特待生になりたいという思いがあったので選ばれたときは嬉しく、大学に入ってやっと一つ親孝行ができました。朝には強い方なので講義には遅刻せずしっかり出席しています。テスト前は時間を見つけてコツコツ勉強しています。活動としては沖国大祭の実行委員をしていて毎日充実した学校生活を送っています。大学生はバイトや活動で忙しかったり、たくさん遊んだりして睡眠不足で居眠りしがちです。生活リズムを良くするためにも短い期間の予定を立てて時間を有効活用することが大切です。そうすれば余裕もうまれ勉強やいろんなことに集中することができると思います。コツコツ続けることは大変ですが成果が出ればがんばった分、嬉しさや達成感があります。特待生に選ばれたことでまた自分のやる気にもつながり良いサイクルになっていくと思っています。

高い意識を持って大学生活を過ごしています

與座 隆徳

産業情報学科 4年次
與座 隆徳
(那覇高校出身)

学費を実家に負担してもらっている私にとって、給付型奨学金を頂くことで親の金銭的負担を減らせることはとても助かります。また、学費を稼ぐためのアルバイトに追われず、自分の時間を確保できることは大変嬉しいです。もちろん、奨学生に選ばれるには成績を維持することが重要で、単位は絶対に落とさないという意識を持ち続けたことが今に繋がっていると思います。他にも、授業と両立して、検定取得やセミナー、ゼミ、アルバイトに趣味など様々なことに1年の頃から取り組んできました。その中で得た知識、経験、人脈、思い出は今後の生活を豊かにしてくれると確信しています。大学生活は、やった分だけ自分に返ってきます。なにごとにも高い意識をもって大学生活を過ごしてほしいです。そうした習慣は、周りにも影響を与え、環境を変え、自分自身を大きく成長させてくれると思っています。

お問い合わせ先

本学及び本学関係奨学金制度、日本学生支援機構奨学金制度については、学生課窓口にご相談下さい。その他、学外の奨学金制度はご自身で確認していただきます。

沖縄国際大学 [学生課窓口] 受付時間 9:00〜19:00(月〜金)

TEL:098-893-7686 E-mail:welchr@okiu.ac.jp

沖縄国際大学 [国際交流センター窓口] 受付時間 9:00〜17:00(月〜金)

TEL:098-893-7668 E-mail:ircchr@okiu.ac.jp (外国人留学生窓口)

ページの先頭へ戻る