経済学科  ゼミ一覧
新垣ゼミ <国際経済論演習>
  アジアの経済発展と日本や沖縄の貿易
梅井ゼミ <経済史演習>
  住民へのアンケート調査を通して経済の実態に迫る
大城ゼミ <社会経済学演習>
  経済活動をより広い社会全体の観点から捉え直す
湧上ゼミ <日本経済論演習>
  失業、デフレ、財政・金融政策の手詰まり。脱出はできたのか?
井本ゼミ <財政学演習>
  財政や社会保障制度の仕組みとその将来
名嘉座ゼミ <労働経済学演習>
  雇用・労働をめぐる諸問題について考える

松アゼミ

<経済情報処理演習>
  情報処理技術を活用して理論と経済データを結び付ける
村上ゼミ <福祉国家論演習>
  福祉国家の理念とその行方、公的企業の役割
安藤ゼミ <金融論演習>
  経済・金融そして沖縄について考える
 
演習Tでは、テーマを見つけることから始まり、テーマに沿って図書館で資料収集を行う。
また、演習Uでは、演習Tのテーマを絞り込み、積極的に学問の矛盾を解き明かし、問題の解決策を考え出すように心がける。
・ 中国経済
・ 韓国経済
・ 台湾経済
・ タイ経済
・ マレーシア経済
 
 
 
新垣先生の教員紹介はこちら
 
ゼミでは、アジアの経済を勉強している。その理由は、私がイギリスに滞在していたとき、アジアからの留学生の勤勉さに触発されたというのもひとつの理由であるが、世界の経済の再編成=ブロック化の趨勢が顕在化する中で、アジアの重要性が増しているというのがもうひとつの理由である。したがって、私のゼミではアジアを中心に、世界的な規模で経済問題を考えて行きたい。
卒論のテーマは、上記のテーマに沿ったものである。アジア各地、特に東南アジア地域の特色ある経済問題に焦点を当てて提出してもらっている。
 
 
 
梅井先生の教員紹介はこちら
 
今年度は専門演習を担当していません。基礎演習V・Wでは共通のテキストを採用しています。それに加えて社会経済制度の大転換について考えていきます。人類社会をマクロ、ミクロの視点から考えることの大事さを考えます。

・ 東アジア共同体の可能性について
・ EU経済について
・ 沖縄産業の戦略
・ 沖縄の環境問題と経済とのかかわり
・ 沖縄県の観光産業と環境問題について
・ 沖縄の観光産業の展望
・ 少子高齢化について
・ インターネットと社会年金制度の現状とこれからの将来像

みんなわきあいあいとしていて、先生の人柄もよく、その中で、議論をすることで知識を深めることが出来た。

常に笑顔で、やるときはきちんとして、楽しむときは思いっきり楽しむいい先生です。また、沖縄情勢に詳しく、分からないことは、丁寧に教えてくれます。
 
大城先生の教員紹介はこちら
 
私のゼミでは、討論(対話)を最も重視します。カンカンガクガクの討論の中で、みんなが、学ぶようになるのが理想です。自由に考え、気軽にしゃべり、素直に耳を傾け、遠慮なく質問しています。それが、「ゼミナール」の真価なのだと思います。
「沖縄の観光産業の最新動向と課題」
「自動車産業」
「金融危機の沖縄への影響」
「流通業の実態把握」
 等など
アット・ホーム、ゆるーい、たまには真剣、おとなしすぎるかも
変な人、面白い、猫好き、癒し系、すごい、物知り、真面目
 
湧上先生の教員紹介はこちら
 

3年生:財政・社会保障に関する参考書の輪読。指定されたテーマについて、調査報告。
4年生:卒論テーマ設定。就職活動指導。卒論執筆。
*県外の大学と、交流ゼミを行う年もあります。

基本的にテーマ設定は自由です。
・ 沖縄県の男女間賃金格差について
・ ipod経済学
・ 沖縄県の介護保険
・ 待機児童問題から見る沖縄県の保育サービスについて   など

静か。話し合いや意見交換を主に行っています。笑いを取る人もいておもしろいです。始めの頃より、みんな活発に意見を言うようになった。居心地が良い。アットホームな空気で楽しんでいます。何でも良いからしゃべった者勝ち。

一人一人に対して、これはこうした方が良い等、適切なアドバイスをくれる方です。最初は堅い印象があると思いますが、学生目線で会話をしてくれます。意見交換などの言動を促してくれます。学生思い。分かりやすい。知識が豊富で、話を聞いていて楽しい。最初の印象と違って、親しみやすい。音楽やマンガが好きな人。どっちかというと、恐そうな先生。とても真面目そうですけど、なんか趣味とか多くて意外な感じです。
 
井本先生の教員紹介はこちら
 
何にでも関心を持ち、論理的に話を組み立てる事が出来るように、ディスカッションに重点を置いている。
テーマを決めるまでに苦労しているようですが、4年間の集大成ということで、頑張って書き上げています。大学に入ったらぜひ挑戦してください。
「泡盛の可能性に関する一考察」
「県内コールセンターの現状と課題」
「フリーターと雇用問題」
「プロ野球キャンプの経済効果」
「沖縄本島内の埋立地の現状と課題」 など

発表をする場になったら周りのみんなが意見を出しあい、就職活動なども積極的
笑いがあって面白いです。

真面目で就職活動に意欲的で私たちをいい方向に導いてくれます。

 
名嘉座先生の教員紹介はこちら
 
ゼミではさまざまな経済に関する問題を具体的な事例と共に簡単に議論します.身近な経済問題を出発点にしながら、望ましい資源配分や税制度・経済成長・公共政策などについて一般均衡理論、ゲーム理論、マクロ動学、行動経済学などに言及しつつ取り上げるつもりです。
ゼミでは、様々な皆さんの関心事を経済学の分析方法を使って論文にまとめられるように指導していますが、近年の卒論のテーマとしては
・ 沖縄の失業と雇用
・ 日本人に適しているのは直接金融か?間接金融か?
・ コザ・ミュージックタウン音市場の問題点とその対策
・ 音楽業界の低迷とCDの売上低下の解決策
・ コンビニを例にしたフランチャイズの問題点に関する考察  など

みんな仲が良く、発表の時なども発表者に対して素直な意見を言える雰囲気がある。

学生が質問をすると、理解するまで嫌な顔せずにきちんと説明してくれるいい先生です。
気軽に研究室に行け、雑談などもできます。
 
松ア先生の教員紹介はこちら
 
企業の社会的責任を考える。業界研究。
「経営学」もしくは「経営」に対する自分なりの答えを出せるものなら原則自由
クラスの雰囲気も良く、先生も様々な話をしてくれるので楽しい。

多弁で面白く、色々ためになる話をしてくれます。

 
村上先生の教員紹介はこちら
 
経済・金融そして沖縄をテーマに調査・研究する。ゼミ生の就職活動を支援・指導する。
・ 沖縄県民の消費行動
・ 金融市場が学生生活に与える影響  など
楽しい雰囲気です。新入生歓迎会のバレーボール大会に参加し、全員で盛り上がりました。ゼミ生の就職・資格に対する意識は高い。

銀行員の経験があり金融系の資格を持っている。おおらかで面白い。説明がわかりやすい。

 
安藤先生の教員紹介はこちら