黒柳ゼミの紹介

ゼミ名

黒柳ゼミ

テーマ

沖縄県の地方自治をめぐる諸問題

氏  名

黒柳保則

所  属

地域行政学科

専門分野

地方自治論 地域政治論

担当科目

地方自治論 自治体経営論 沖縄の政治 基礎演習T・U 
専門演習T・U

研究論文

「琉球政府への道」「1946年の米軍政下旧沖縄県地域における行政統合問題」など。

ゼミではどのようなことを学んでいますか?

大まかに言えば
沖縄県の地方自治について、その現状や歴史など幅広い視野から学んでいます。最初に基礎的なところをしっかりと押さえたうえで、自分の研究テーマを探せるようになっていますので安心です。「ゼミの主体は教員ではなく、ゼミ生である」という先生の方針のもとで運営されています。

 ◆ ゼミ員の構成  男性14人 / 女性3人 (合計17人)

ゼミの特徴

黒柳ゼミの特徴は学生が主体であるということ!!
 地方自治という奥の深い分野を扱いますが、学生一人ひとりが研究課題を設定し、資料収集を行い、レジュメを作成することでより関心を高め、知識を深めていく事ができるゼミです。学生が主体なのでゼミの雰囲気は明るく皆が質疑応答と討論を行い、情報交換しながらこれからの沖縄県の自治について勉強していくのでとてもやりがいのあるゼミです。

ゼミの交流を深めるための親睦会も欠かさないので、大学生活をより充実させ楽しみたい方には是非お勧めのゼミだと思います。

ゼミの年間スケジュール

前 期
まず、指定した文献について、ゼミ生のそれぞれに担当部分を割り当てて報告を行います。これが終わったら、今後の研究テーマを見つけるべく、ゼミ生一人ひとりの関心に沿う新聞記事や書籍などについての報告に移ります。もちろん、報告の後には担当教員の解説や全員の討論があります。また、折に触れて親睦会という名の飲み会もします。

夏休み
東村にある大学のセミナーハウスにて合宿をします。

後 期
ゼミ生の個別テーマに従って調査を進め、さらに報告をして行くことになります。これらをグループで行うことも可能です。調査には文献研究とフィールドワークがありますが、この両者に取り組むことが期待されます。何度か報告をするなかで不十分な点をさらに調査して、最終的には報告集をまとめます。後期にも、親睦会やクリスマス会、新年会などのイベントを行います。

ゼミの先生って、どんな人?

黒柳先生はとにかく頼りになる先生です。学生の立場になって考え、相談に乗ってくれたり就職活動のアドバイスなどもしっかり行ってくれます。
厳しい面もありますが普段はとてもやさしく、おちゃめな先生です♪
親睦会などでは意外な一面も・・・☆
また地方自治の歴史や現状についてはエキスパートなので、これから公務員を目指す学生、沖縄の将来を担って行きたい学生は黒柳ゼミへ!

先輩達の就職先は?

サンエー、ゼンショー、琉薬、石垣市役所など。

これから受験する高校生へのメッセージ

大学生活には高校生活以上に楽しいことや、新しいチャンスが待っています!!サークルやゼミを通して多くの人との出会いも待っています♪

高校生活とは違い自分達がやりたい事を学び、自主的に選ぶことが出来るので新たな自分の可能性を十分発揮できる場所です。そのために沖縄国際大学の先生はとても頼りになる方ばかりなので安心です。

最後に就職活動の際の面接などでよく聞かれるのは、「大学生活で一番頑張ったことは何ですか?」ということです。それに自信を持って答えられるためにこの大学で何をしたいのか、何を頑張りたいか?しっかりとした目標を持つことが大切です。大学生活を充実したものにするかどうかは、あなた方自身にかかっています!きっと沖縄国際大学には素晴らしいキャンパスライフが待っていますよ☆


 
ゼミの風景