上江洲ゼミの紹介

ゼミ名

上江洲ゼミ

テーマ

判例研究・模擬裁判・テーマ研究など

氏  名

上江洲 純子

所  属

地域行政学科

専門分野

民事訴訟法 民事執行法 倒産法

担当科目

民事訴訟法、民事執行法、倒産法

研究論文

「沖縄県における企業倒産の現状と課題-民事通常再生手続きの運用を中心に」『沖縄法政研究第10号』など


 ゼミではどのようなことを学んでいますか?

 民事訴訟法をテーマに過去の判例をグループで調べて発表し、みんなで意見や疑問を出し合い討論します。判例研究の他に、模擬裁判を行ったり、昨年度後期は、グループ毎に一つのテーマを取り上げて調査・研究しました。

  ゼミ員の構成  男性人/女性2人(合計人)


ゼミの特徴


私たち上江洲ゼミは、授業計画を立てる段階から、学生の意思に任されています。
2008年度は、前期は民事訴訟法に関する判例研究、模擬裁判、後期は二つのグループに分かれて、沖縄市と糸満市が被告となった事件をそれぞれ調査・研究しました。
沖縄は過去に、米軍統治下に置かれた特殊な歴史があり、米軍が関わっているトラブルも多々あります。
私たちと民事訴訟法を様々な観点から学んでみませんか?  


ゼミの年間スケジュール

 前期
ゼミ運営計画
判例研究
裁判所見学
模擬裁判

夏休み
セミナーハウス(法律学科と合同) 

 後期
グループ毎に調査・研究

法律学科の公開模擬裁判を手伝ったり、沖国祭へも一緒に参加しています。そのときの写真は法律学科のページを見て下さい。


 上江洲
先生って、どんな人?


判例研究発表や調査報告の際、笑顔でキレのある質問をしてくださいます。素敵です

普段はとてもフレンドリーで話しやすく、優しい先生ですよ!!
法学部に入ったら是非お話するべきです!



 先輩達の就職先

 サンエー、ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング
 沖縄県警察、海邦銀行  等


 これから受験する高校生へのメッセージ

 私たち地域行政学科では、法学部ということもあり、法律についての基礎知識も得られ、行政や地方自治体の仕組み等を専門的に学べます。
また、基地問題などに関しても、米軍ヘリ墜落事故もあったことから、講義もいろいろと開設され、多くの視点から基地問題について学べます。
大学は自分が主体となって行動しなくければ、価値ある時間を過ごせないと思うので入学したらいろんなことに挑戦し、頑張ってください。


 
読谷村の担当者へインタビュー              読谷村役場前の巨大紅イモ

ひとし放浪の旅ベストショット(2007年夏)