現在地: ホーム > 教育情報 >  国内留学

教育情報・国内留学

サポート充実! 国内留学も夢じゃない!

国内留学地図

本学では、札幌学院大学との単位互換協定締結を皮切りに、国内(県外)において単位互換協定を結んでいる大学と1年間の交換留学ができる制度があります。それぞれの地域の文化や歴史に触れることにより、様々な視点で物事をとらえる視野を身につけることができるでしょう。その地域の人々との触れ合いからも、多くのものを学ぶことができます。国内留学を通して大学4年間がさらに実りあるものとなり、貴重な財産となるはずです。

単位互換制度とは

本学と単位互換協定を締結した大学(協定校)で開講している科目を履修できる制度で、履修した科目は4年間で60単位(1年間では40単位まで)を限度に、本学の卒業単位として認定されます。県外の協定校へは、毎年20人程度の学生を半年または1年間交換派遣します。平成25年度は協定校に42人を派遣し、3人を受け入れています。本学では、札幌学院大学との単位互換協定締結を始め名城大学、京都学園大学、桜美林大学、熊本学園大学、松山大学と単位互換協定を締結しています。また、県内私立大学、放送大学(沖縄学習センター)とも単位互換を行っています。

協定校の紹介

1. 札幌学院大学(北海道)

札幌学院大学(北海道)

札幌学院大学は、5学部9学科を有する文系総合大学です。「自律」「人権」「共生」「協働」の理念のもと、豊かな人間性と専門的な応用力を兼ね備えた人材を世に送り出しています。
学びたいという意欲を受け止め、それを支援する教育環境が整っています。

2. 桜美林大学(東京都)

桜美林大学(東京都)

桜美林大学では、学群制のもと、より広く総合的に、より深く専門的に学びができる教育環境を整えています。4つの学群には一人ひとりにあった専門分野が用意されており、自分オリジナルの学びを創り、主体的に学ぶことができます。

3. 名城大学(愛知県)

名城大学(愛知県)

名城大学は、8学部23学科を擁する文理融合型の総合大学です。多様な学びを通じて、興味のある分野を究めることも、さまざまな分野に精通した力を身につけることもでき、学生一人ひとりの自己実現を積極的に支援しています。

4. 熊本学園大学(熊本県)

熊本学園大学(熊本県)

熊本学園大学は、4学部13学科体制で、学生のニーズに応える優れた教育環境を用意しています。高水準の学習環境を創出する要素をベースに、未来を担う人材を育成する教育アクションを整備。九州でも有数の先進的な教育プログラムを実践しています。

5. 松山大学(愛媛県)

松山大学(愛媛県)

松山大学は、「真実」「忠実」「実用」からなる「三実主義」を建学の精神に掲げ開校されました。5学部6学科からなり、「興味がある」「学びたい」「身につけたい」という学生の意欲に応え、一人ひとりの可能性を広げます。

6. 京都学園大学(京都府)

京都学園大学(京都府)

京都学園大学は、5学部10学科からなり、多彩な教育研究機関と施設を備えています。世界的視野で主体的に考え行動する人材の育成を建学の精神として掲げており、社会に必要とされる「人間力の育成」にも取り組んでいます。

国内留学体験記

北海道 [札幌学院大学]

又吉 美佳

企業システム学科 4年次
又吉 美佳
(普天間高校出身)

自分と向き合い、成長できた半年間。
多くの出会いに恵まれた私はラッキーガール!

本制度にはメリットしか思い浮かばず迷わず決心しました! 大学では、経営学部にて経営管理論やロジスティックス論、観光論などを履修。セミナーにも所属し、フィールドワークや地域活性化プロジェクトに参加しながら北海道が抱える少子高齢化や過疎化などの社会問題を学び“百聞は一見にしかず”を身をもって体験しました。見知らぬ場所で、いろいろ戸惑い、落ち込んだりもしたけどコミュニケーション力が鍛えられ、自分と向き合えた有意義な時間でした。一番の収穫は、沖縄ブランドの強さを知れたこと。北海道にいるから注目されると思ったら、他の地域でも相手が興味を示してくれるのです。沖縄が誇らしくなり、沖縄に貢献したいという思いが強くなりました。こんなにも貴重だと思える経験はめったにありません。いい経験も苦い経験も糧となって自分を成長させてくれます。私の願いを現実にしてくれた両親や両大学の関係者方々、サポートしてくれた友人、北海道で出会った人たち、みんなに感謝の思いでいっぱいです。

東京都 [桜美林大学]

砂川 アヤ

英米言語文化学科 4年次
砂川 アヤ
(宮古高校出身)

後悔することは何もないです。 苦労も楽しめるほどの充実感に満足!

環境を変えたい!自分を変えたい!そんなときに友人が教えてくれたのが国内留学。親の希望や就活を考えて、半年間を希望しました。海外留学は費用や休学がネックだったので、その点もよかったです。特別聴講生での受講可能科目は限られていますが、沖国大では英語漬けだったので数学や歴史学、経済などの講義は新鮮でした。異文化関係ゼミにも所属、「なぜ英語というと白人を連想する?」「なぜマネキンは白人が多い?」「結婚式や葬式の広告は日本人を使う傾向がある」等とても興味深く、今につながる学びができました。飲食店やプール監視員のバイト、大学のエイサーサークル活動などの学外活動も楽しめました! 新宿エイサーまつりへの参加は、良い思い出です。参加グループが多くてとても盛り上がりましたよ。国内留学による気持ちの変化は大きいです。行って後悔しない。するはずがない!他大学にはないシステムで周りから羨ましがられたほどです。留学期間も半年と1年から選べて奨学金制度もあるので、あとは挑む勇気だけ。自分の世界を広げるためにもぜひトライしてほしいです。

関連ページへのリンク

受験生向けトピックス

  • オープンキャンパス日程案内
  • 入試要項 資料請求
  • 大学案内・大学院案内パンフレット閲覧

沖縄国際大学の取組み

  • 公表情報一覧〜大学の基礎的情報等に関する情報公開〜
  • 教員免許状更新講習〜夢を育む教員の皆さまをサポートします〜
  • 沖縄国際大学のFD活動〜組織的な教育・研究活動の改善・支援
  • 環境への取組 省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、節水
  • 心理相談室〜専門家があなたの悩みを共に考えます〜
  • 福祉・ボランティア支援室

ページの先頭へ戻る