現在地: ホーム > 教育情報 > 情報教育

情報教育

情報化社会に対応できる総合的な知識をもった人材を育成する

 近年、情報技術の進歩は目覚ましくその変化は日進月歩といえます。情報技術に関する基礎知識はもちろんのこと、それらを発展、応用させた知識や技術も必要不可欠となってきています。沖縄国際大学では、目まぐるしく変化する情報化社会に対し柔軟に対応できるよう、最新の設備を整え情報教育に力を入れています。あらゆる分野において情報技術を駆使し、そして正しい知識とモラルのもと、情報化社会を担う人材を育成します。

情報関連科目を多数開設

 今や誰もがパソコンなどの情報機器を使いこなす時代において、情報を正しく理解し活用していく総合的な知識が必要とされています。そこで本学ではコンピュータ設備を充実させ、すべての学生がこの総合的な知識を修得できるよう、共通科目の中に情報科目群を開設しています。さらに、専門科目では、それぞれの専門領域で必要となるコンピュータ技術(プログラミングや統計処理など)を実践的に学ぶことができるカリキュラムを提供しています(一部学科を除く)。また、本学では、学生全員に基礎的な情報機器運用能力を養成する講座を提供しています。加えて専門の授業における資料収集や研究発表の場で、ICT技術の活用を学びます。

充実した設備で情報教育をバックアップ

 常に変化し続ける情報化社会に合わせ、情報機器や学内の関連設備の面でも、沖縄国際大学は惜しみなく力を入れ学生をバックアップしています。5号館1F・2Fおよび13号館4Fに大・小あわせて14の情報教育関連教室があり、学科共同研究室や図書館を含めるとパソコン端末が1,100台設置されています。これらの施設は、情報教育の実習に使用されるほか、授業の空き時間には学生に開放され自由に利用できるようになっています。コンピュータ教室のパソコンは、学内LANに接続しており、インターネットへアクセスする事も可能です。また、堅牢な検疫システムを備えた無線LANがキャンパス屋内ほぼ全域で利用できるので、セキュリティ要件を満たしていれば自宅から持参したノートパソコンを接続することも可能です。これら端末の利用により、情報検索や学内外との電子メール送受信など多様なサービスの提供を実現しています。

在学生からのメッセージ

CALL 教室を利用して楽しく語学学習

松田 光平

松田 光平
英米言語文化学科 4年次
普天間高校出身

 本学では図書館や自習室など学習できる環境がとても整っていると実感しています。その中でも私は、空き時間によくCALL教室を利用します。英検のリスニング対策などで活用しています。LMSという教材ソフトがあるのでそれを使って英語の学習に励んでいます。LMSには英語だけでなく、中国語、スペイン語、フランス語やドイツ語など様々な言語もあるので英検以外の語学検定を受けたい人にもお勧めです。1年次の時にはムービーメーカーというソフトを使ってスペインの人とビデオで会話をしました。とても貴重な経験ができ、何より楽しく学習することができました。CALL教室の隣にある語学ライブラリーにはDVDや検定本が置いてあり、借りることができます。とても優しいスタッフもいるので安心です。これからもCALL教室を自分の学習に活用していきたいです。皆さんも沖縄国際大学に入学してCALL教室を利用してみてください。

受験生向けトピックス

  • オープンキャンパス日程案内
  • 入試要項 資料請求
  • 大学案内・大学院案内パンフレット閲覧

沖縄国際大学の取組み

  • 公表情報一覧〜大学の基礎的情報等に関する情報公開〜
  • 教員免許状更新講習〜夢を育む教員の皆さまをサポートします〜
  • 沖縄国際大学のFD活動〜組織的な教育・研究活動の改善・支援
  • 環境への取組 省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、節水
  • 心理相談室〜専門家があなたの悩みを共に考えます〜
  • 福祉・ボランティア支援室

ページの先頭へ戻る