現在地: ホーム > 教育情報 > 特色ある大学教育支援プログラム > イベント情報

第2回 国語教育実践研究大会のご案内(終了)

 

沖縄国際大学教職課程は、2005年度に文部科学省「特色ある大学教育支援プログラム〈特色GP Good Practice〉」に採択されました。その補助金によって、昨年三月に、『国語科教職課程の展開―国語科教育実践力の探究』(渓水社刊)を刊行致しました。これは、沖縄国際大学教職課程担当教員の論文、教育実習生および卒業生現職教員の実践論文を集成したもので、ご高覧いただいた多くの方々から高い評価を頂きました。また、同じく昨年八月六日には、第一回国語教育実践研究大会を開催し充実した一日を過ごすことができました。
本年も、同補助金の一部によって、昨年に引き続き、沖縄国際大学国語科教職課程の卒業生現職教員・教職課程卒業生・学生・大学院生にお集まりいただき、下記の要領で第二回国語教育実践研究大会を開催したします。

※事前申込みは不要です。

日時

2006年8月4日(土) 9時30分〜17時00分

会場

沖縄国際大学 3-106教室(会場案内図

日程

1.受付 9時00分〜9時30分
2.研究発表 9時35分〜11時35分
      指導助言 11時35分〜12時00分
3.休憩(昼食) 12時00分〜13時30分
4.シンポジウム 13時30分〜15時10分
5.休憩 15時10分〜15時30分
6.講演 15時30分〜16時50分

研究発表

1.野坂昭如「僕の防空壕」の学習指導
―少年への手紙を書くことを通して―
山城綾乃(平成14年度 31期卒 那覇中学校)
2 論理的文章教材の学習指導構想 富山雄功(平成15年度 32期卒 南風原高校)
3 地域における読書指導の考察
―「沖縄県子どもの本研究会」を中心に―
志良堂 愛(平成17年度 34期卒 沖縄国際大学大学院)
4 国語科現代文の分野の授業について
―発問方法の実践報告―
瀬底正祥(平成2年度 19期卒 豊見城南高等学校)
D指導助言 津多則光(沖縄国際大学非常勤講師)

シンポジウム

テーマ 生き生きとした国語科授業を求めて
司 会 望月謙二(沖縄工業高等専門学校教授)

提案者 石垣聡子(平成17年度 34期卒 屋部中学校)
            山内康宏(平成12年度 29期卒 知念中学校)
            屋嘉比心(平成 9年度 26期卒 小禄高等学校)

講演

題 目 国語科授業活性化の方法
渡辺春美(高知大学教授)

 

資料等

 

お問い合わせ先

教務部教務課では、特色GP事業の発展・推進に向けて、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

お問い合わせ・ご感想送付先:教務部教務課特色GP担当 E-mail: aafchr@okiu.ac.jp

ページの先頭へ戻る