現在地: ホーム > 教育情報 > 特色ある大学教育支援プログラム > イベント情報

第3回 国語教育実践研究大会のご案内(終了)

 

 沖縄国際大学は、2005年度に文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されてから4年目を迎えました。その補助金によって、一昨年には、『国語科教職課程の展開―国語科教育実践力の探究』(渓水社刊)を刊行、ご高覧いただいた多くの方々から高い評価を頂きました。また、これまで夏期休暇中に2回にわたり国語教育実践研究大会を開催してまいりました。
本年も、3回目となる国語教育実践研究大会を開催いたしたく、ここにご案内を差し上げます。国語教育に関心のある方々の多数のご参加を心からお待ちしております。

総合文化学部教授  望月謙二・吉野樹紀

日時

2008年8月1日(金) 9時45分〜16時15分

会場

沖縄国際大学7号館201教室(下記日程の1〜4・7)
9号館各教室(日程の6)
会場案内図

日程

1.受付 9時00分〜9時45分
2.開会式・講師紹介 9時45分〜10時00分
3.講演・質疑応答 10時00分〜11時30分
4.分科会内容説明 11時30分〜12時00分
5.休憩(昼食) 12時00分〜13時30分
6.分科会(実践報告) 13時30分〜15時00分
7.分科会内容報告会・閉会式 15時30分〜16時50分

講演

題 目 「これからの文学教育における創作の指導」
濱本純逸(元早稲田大学教授)

分科会

1.「論理的思考力を育む授業の工夫
  −話し合いの方法・ディベートを活用して−」
木村正代(那覇市立首里中学校)
2 「伝えたい事柄を明確に書く指導の工夫」 山川のぞみ(名護市立大宮中学校)
3 「豊かな読みの力を育む
  −「ドラマ教育」の手法を取り入れて−」
又吉桂子(那覇市立真和志中学校)
4 「古典に親しむ読解指導の工夫
  −「清水寺のいさかひ」(宇治拾遺物語)の演劇化−」
渡口紀美枝(那覇商業高等学校))
5 「生徒の興味を引き出す授業実践
  −『考える・発表する』ことを中心に−」
仲桝里恵(北中城高等学校)
6 「短歌創作指導の試み
  −俵万智氏の短歌を通して−」
富山雄功(南風原高等学校)
7 「意見文へのアプローチ
  −主題を決められない生徒に対して−」
當山政子(名護商工高等学校)

※ 当日、構内で工事が予定されております関係から、会場・進行に変更の可能性があります。当日の掲示・説明にご注意ください。

申込

事前申し込みは不要です。
 

資料等

   

お問い合わせ先

教務部教務課では、特色GP事業の発展・推進に向けて、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

お問い合わせ・ご感想送付先:教務部教務課特色GP担当 E-mail: aafchr@okiu.ac.jp

ページの先頭へ戻る