現在地: ホーム > 教育情報 > 特色ある大学教育支援プログラム > 大学と現職教員とのネットワーク構築に向けて

大学と現職教員とのネットワーク構築にむけて


沖縄国際大学では、文部科学省の「特色ある大学支援プログラム」の採択をうけて、選定取組みである教職課程の推進・発展・普及に取組んでいます。その一環として大学と現職教員との交流や情報交換を円滑に行うためのネットワーク構築と、教職ネットワークを活かしたアンケート・シンポジウムを実施しています。

卒業生教員名簿の作成

平成18年度に大学と現職教員との交流ネットワーク構築の第一歩として、「卒業生アンケート」の送付や「卒業生・在校生交流シンポジウム」案内の送付にむけた「卒業生教職員名簿」の作成をしました。

卒業生アンケート調査の実施

平成18年度に本学卒業生の教職員(正式採用者約900名)を対象にアンケート調査(卒業から採用までの期間、これまで担当してきた校務分掌など)を実施しました。その結果を基に、今後の教職課程の改善につなげていきます。

卒業生・在校生交流シンポジウム

現役教員・本学卒業生・在学生間の人的ネットワークの構築及びその継続発展を目的とした、交流シンポジウムを実施します。平成18年度は、国語科、社会科、商業科で実施しました。県内外からのパネリスト招聘も含めた積極的な情報交換・交流を行い、今後の教育実習校の確保や現場教員の本学への講師招聘が円滑に行われる見通しを持つことが出来ました。ことも期待できます。教職課程履修者は、この交流を通じて学校現場の情報に恒常的に触れることで、現場の課題に即応しながら教職志望のモチベーションを高めることができました。平成19年度は国語科と英語科で予定しています。

お問い合わせ先

教務部教務課では、特色GP事業の発展・推進に向けて、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしています。

お問い合わせ・ご感想送付先:教務部教務課特色GP担当 E-mail: aafchr@okiu.ac.jp

ページの先頭へ戻る