現在地: ホーム > 大学概要 > 米軍ヘリ墜落事件 > 米軍ヘリ墜落事件に関する対応の記録(詳細版)2004年08月13日

米軍ヘリ墜落事件

米軍ヘリ墜落事件に関する対応の記録(2004/08/13〜2004/09/27 ・ 詳細版)

カレンダー(太字の日付をクリックすると該当ページを表示します)

2004年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
2004年09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

詳細記録


2004年8月13日(月)・・・・・・事故当日

午後2時15分    米軍ヘリ(CH53D)が本館ビルの企画課、学長室、会計課に激突し、墜落・炎上
午後2時20分〜25分 職員及び学生避難、3号館1階ロビー等へ誘導
          米軍により本館周辺は立ち入り禁止
午後3時20分    米軍ヘリ墜落事件対策本部設置(第1回)
            メンバー:学長、常務、法学部長、図書館長、経済学部長、産業情報学部長、
          局長、庶務課長、広報課長、
            協議事項 @沖縄国際大学緊急対策本部の設置(設置場所は法学部長室・会議室)
                   本部長に学長、副本部長に常務と富川
                   (現時点での)学生・職員の安全を確認。
                   緊急声明を発表することとする。
午後4時00分    第2回米軍ヘリ墜落事件対策会議
            メンバー:学長、常務、法学部長、図書館長、経済学部長、産業情報学部長、
          局長、庶務課長、広報課長、
            協議事項 @本館への立ち入りをする。
                   緊急声明の原案を作成。
午後4時30分     本館立ち入りを求めたが、崩落と引火の危険性があるという事で
          立ち入りを拒否された。現場は米軍、警察、マスコミ等騒然としている。
          緊急声明を発表。
午後5時00分     第3回米軍ヘリ墜落事件対策会議
            メンバー:学長、常務、法学部長、図書館長、経済学部長、産業情報学部長、
          局長、庶務課長、広報課長、
            協議事項 @記者会見にむけての対応を協議。
                 A宜野湾市との合同の会見とする。
                   時間は午後5時45分から30分程度。 会場は5−209教室。
午後5時45分     合同記者会見  メンバー: 宜野湾市長、学長、
午後7時00分     第4回米軍ヘリ墜落事件対策会議
            メンバー:学長、常務、法学部長、図書館長、経済学部長、産業情報学部長、
          局長、庶務課長、広報課長、商経学部長
            協議事項 @各課からの現状報告と明日からの対応について
                   明日の学内の行事、講義等は通常のとおりおこなう。
                   そのことを学長告示とする。
                   担当部署は連絡を徹底する。
                   明日、午前9時に第5回の対策会議を開く。
午後7時30分  緊急時持出用重要書類及び私物等持ち出しのため、一時的に本館へ立ち入る。
午後11時00分  「現状維持証拠保全の仮処分申請」を検討する。

受験生向けトピックス

  • オープンキャンパス日程案内
  • 入試要項 資料請求
  • 大学案内・大学院案内パンフレット閲覧

沖縄国際大学の取組み

  • 公表情報一覧〜大学の基礎的情報等に関する情報公開〜
  • 教員免許状更新講習〜夢を育む教員の皆さまをサポートします〜
  • 沖縄国際大学のFD活動〜組織的な教育・研究活動の改善・支援
  • 環境への取組 省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、節水
  • 心理相談室〜専門家があなたの悩みを共に考えます〜
  • 福祉・ボランティア支援室

ページの先頭へ戻る