現在地: ホーム > 学部案内 > 法学部 > 地域行政学科

法学部 | 地域行政学科

地方が抱える問題の解明・解決に全力を注ぐ人材へ

法律とともに政治や経済、地方自治のあり方にも関心を広げ、社会公共のために多方面で活躍する人材を育てたい。それが、地域行政学科の掲げる理想です。沖縄での実践的・体験的な学びを大切にすることと、豊かな人間性に基づくリーダーシップを養成することに、重きをおいています。

学科の特色

沖縄の公共的課題に密着しながら市民のニーズを深く理解し、これからの「地域」観と「行政」観とを明確化する
  1. 法学部生としての法的思考力・判断力を自らのものとし、公正な地域社会の実現を担う。
  2. 米軍基地、地域経済、雇用、福祉、国際結婚・離婚など沖縄の自治体が直面する様々な課題と向き合い、そこから現在の地方・日本・世界をより深く理解する。
  3. 体験・実践を通じて、人と人とのコミュニケーションや地域とのかかわり合いを再発見し、政策のアイディアにつなげる。

学びのポイント

アカデミックアドバイザーとも相談しながら、それぞれの将来の目標を実現するための履修計画を自分で組み立てる方針をとっています。

  • 公務員として地域に貢献したい!
  • 企業やNPOといった民間の力で地域に貢献したい!
  • 政治にかかわる仕事(ジャーナリズムや議員活動など)で地域に貢献したい!

地域行政学科では、行政の法制度や自治体の行政運営を中心に、法律、政治、外交、経済にかかわる講義科目、地元沖縄に根ざした体験科目を多彩に開講しており、理論と政策とのバランスを意識したカリキュラムを志向しています。学生は、専門的な知識を広げるとともに、言語、思想・哲学、歴史、文化、環境、地域の多様性に対して尊重の念をもち、教養と人間性とを高めていくことが期待されます。

学生から見たOKIU

沖縄と世界の架け橋を目指して

地域行政学科 4年次 コザ高校出身 山城 舞 [やましろ まい]

山城 舞

地域行政学科では法律や政治、行政だけでなく、沖縄が現在かかえている問題について、どう取り組むかについて学んでいきます。私は、沖縄の事はもちろん、国際関係についても興味があるので、この学科を選びました。入学した頃に比べ、様々な人と関わるなかで、沖縄の問題に対して、自分自身の考え方や見方が変わりました。ゼミでは、もちろん先生との距離は近くなりますが、同じ学科の他の先生方も、親身になって私達の相談に乗ってくれて、アドバイスを下さいます。先生方はどなたも話しやすくて、とても心強いです。私は将来、沖縄と世界との架け橋になれるような人材を目指しています。皆さんも、一緒に知識を広げ、沖縄の力になりませんか?

【3年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30 日本外交史     日本外交史    
2 10:40〜12:10 国際法T     国際法T    
3 13:00〜14:30 現代社会と犯罪U 社会保障法        
4 14:40〜16:10 専門演習T 法政特論U NPO論      
5 16:20〜17:50            
6 18:00〜19:30            

地域行政学科教員紹介

教授

上江洲 純子 【倒産法、民事訴訟法】
熊谷 久世 【国際私法、国際民事訴訟法】
黒柳 保則 【地方自治論・地域政治論・地域政治史・琉球政府の成立過程】
小西 由浩 【刑事政策】
佐藤 学 【地方自治、アメリカ政治、日米関係】
武田 一博 【心の哲学、ニューロフィロソフィー、環境哲学、エコフェミニズム、協同社会論】
照屋 寛之 【行政学、政治学】
前津 榮健 【行政法、情報公開法、個人情報保護法、地方自治法】

准教授

大城 明子 【英語教育(大学英語教育、リメディアル教育)、第二言語習得論】
平 剛 【財政学、地方財政論】
野添 文彬 【国際政治学、日本外交史、日米関係、沖縄米軍基地問題】
野見 収 【教育人間学(人間形成論)、教育哲学】

講師

柴田 優人 【行政法、環境法、地方自治法】
田中 佑佳 【憲法、法学】

資格・卒業後の進路

資格取得

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。
  • 高等学校教諭一種免許(地理歴史)(公民)
  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 博物館学芸員資格
  • 図書館司書資格
  • 学校図書館司書教諭資格

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。
国家公務員 報道機関
地方公務員 民間企業
警察官 NGO・NPO
消防官 行政書士
教員  

主な就職先(2013年度〜2017年度卒業生)

卸・小売

イオン琉球/エッカ石油/沖縄ゼロックス/沖縄ファミリーマート/沖縄ホンダ/沖縄三菱電機販売/サンエー/スズキ自販沖縄/タイガー産業/ダイコー沖縄/トヨタカローラ沖縄/ホシザキ沖縄/リウボウストア/リコージャパン/琉球日産自動車/琉薬

サービス業

JAおきなわ/エイチ・アイ・エス沖縄/沖縄県国民健康保険団体連合会/セコム琉球/税理士事務所/りゅうせき

金融・保険

あいおいニッセイ同和損害保険/沖縄海邦銀行/沖縄銀行/かんぽ生命保険/コザ信用金庫/全保連/損害保険ジャパン日本興亜/大同火災海上保険/富国生命保険/琉球銀行

運輸・郵便

ANA沖縄空港/日本郵便

通信・IT

沖縄セルラー電話/トランスコスモス/富士通システムズウェブテクノロジー

製造業

御菓子御殿/日本食研グループ

印刷・広告

旭堂/グラフィック/丸正印刷

建設・不動産

大鏡建設/タマキホーム/照正興産/ニッシンあっとリフォーム/パナホーム/レオパレス21

医療・福祉

沖縄県保健医療福祉事業団/中部徳洲会病院

公務員

石垣市役所/沖縄県学校事務/沖縄県庁/沖縄県警察本部/沖縄国税事務所/沖縄総合事務局/沖縄防衛局/恩納村役場/神奈川県警察本部/警視庁/千葉県警察/東京消防庁/豊見城市役所/那覇市役所/南風原町役場/福岡県警察本部

※過去5年の就職状況から一部抜粋。但し、2017年度卒業生については2018年1月現在のデータ。
※法人名称は省略。

OB・OG MESSAGE

大学でのチャレンジは必ず役に立ちます!

池間 亮太朗

名護市役所 こども家庭部 こども家庭課
池間 亮太朗 [いけま りょうたろう]
地域行政学科 2008年度卒業 宮古高校出身

名護市役所こども家庭課で保育園の整備計画や子育て支援に係る政策業務を担当しています。大学時代は講義で専門的な知識を得ることはもちろんのこと、サークル活動や3・4年次のゼミなどで色々な人と接することに重点をおきました。宮古島という小さな島から出てきて、沖国大を通じて様々な人と出会い、接することで広い視野で物事を考えることができ、現在の仕事でもその経験をいかせています。
大学生活の4年はあっという間に過ぎてしまいます。沖縄国際大学でたくさんのすばらしい仲間と出会い、学生の時にしかできない色々なことにチェレンジして、悔いのない大学生活を送ってください。その経験が社会に出て必ず役に立つはずです。

カリキュラム紹介

1年次の「基礎演習T」は、文献を探し、読み、理解して人に伝える、表現を磨くなど、学習スタイルの確立を少人数クラスで行うもので、4年間ともに学ぶ学生同士のコミュニケーションを深めることもねらいとしています。また、「行政実務論T・U」では、机上の学問的知識ばかりでなく、前職・現職の公務員など、政治・行政実務に従事する経験豊かな行政のエキスパートを講師として招いた講義を展開しています。2年次以降から、地方自治論、行政学、政策過程論、公共事業論など本格的に地域行政学科ならではの学びを深めていきます。身近な社会に隠れている問題を発見し、分析し、地域をより良くするアイディアや政策につなげる能力を培うために、法・行政・政治・経済の内容をしっかりと組み込んだカリキュラムが展開されています。

卒業必要単位数

  • 共通科目 24単位以上
    ※英語8単位および、その他の外国語4単位を含む
  • 専門必修科目 40単位
  • 専門選択科目 40単位以上
  • 自由選択科目 20単位以上
  • 合計 124単位以上
  1年次 2年次
学びのステップ 「民法総則」「憲法T」をじっくりと学び、法の基礎的な内容を理解していくことから始めます。 必修科目では行政を学ぶ上での基礎の習得を目指します。選択科目では、社会のさまざまな問題を自ら発見しうる能力を養成します。
専門必修科目 憲法T
民法総則
基礎演習T
基礎演習 U
行政学
刑法総論
基礎経済学T・U
行政法T
専門選択科目 行政実務論T
法学概論
法思想史
(教職課程)哲学概論
(教職課程)倫理学概論
行政実務論U
地方自治論
地域行政論 ※1
政策過程論
政策評価論
地方財政論
比較行政論
比較政治論
政治学原論
日本外交史
国際政治学
日本政治史
西洋政治史
政治・行政と報道
憲法U
法史学
刑事政策T・U
債権総論
債権各論
家族法
物権法
担保物権法
会社法
商法総則・商行為法
外書講読研究T
法政特論T〜V
公務研究T ※2
インターンシップT〜W
(教職課程)社会科・公民科教育法
(教職課程)社会科・地理歴史科
教育法

※1 沖縄を知るにはまずこの科目から!
※2 公務員を目指すならば、公務研究などの科目と一緒に、キャリア支援課で開設している公務員試験対策講座も履修して、しっかりと早めの準備をおすすめします!

  3年次 4年次
学びのステップ 進路を真剣に考える時期です。「専門演習T」では、自分に合ったテーマを探求し、政治・行政の諸問題に対応できる知識と自分の見解をまとめる力を習得していきます。 「専門演習U」では、自分の関心のある問題をさらに掘り下げていきます。法学部を卒業するにあたって、学びの集大成となります。
専門必修科目 専門演習 T 専門演習 U
専門選択科目 行政法U・V
情報公開法
個人情報保護法
地方自治法
公務員法
租税法
環境法
都市政策論
自治体経営論
公共事業論
地域環境保全論
NPO論
政治思想史
日本政治論
アジアと日本
沖縄政治史 ※3
法哲学
刑法各論
刑事訴訟法
現代社会と犯罪T・U
金融法
保険・海商法
民事訴訟法
民事執行法
倒産法T・U
労働法T・U
社会保障法
消費者保護法
国際法T〜W
国際私法 ※4
国際民事訴訟法
外書講読研究U
法政特論W〜Y
公務研究U
(教職課程)社会科・公民科教育法演習
(教職課程)社会科・地理歴史科教育法演習
 

※3 政治の過去を学び、沖縄の未来を見通します。
※4 国境を越えたビジネスや国際的な離婚や子どもの親権といった、相手の国がかかわる法的問題について学びます。

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次『 基礎演習T 』 社会を見つめる“目”を養い同時に「読む」「書く」「自分の考えを伝える、説明する」などの基礎的素養を習得します。
2年次『 基礎演習 U 』 基礎演習Tでの学習を踏まえて、より専門的な学習をする上で要求される基本的な知識を身につけ、自分で調べ、報告する能力を磨きます。
3年次『 専門演習T 』 法・政治・行政・経済に関する諸問題について、ゼミ生同士で議論し、発見し、学びを深めていきます。
4年次『 専門演習 U 』

授業紹介

公務研究T・U

公務員試験を受けるならこの講義を!

上里 良平

 「公務研究T・U」の講義は、公務員を目指す学生におすすめです。「公務研究T」では4人の教員が担当し、公務員の方が行う仕事や公務員試験などの基本的知識を学んでいくことが出来ます。「公務研究U」では、実際の公務員試験の問題を解くために必要な勉強の仕方や試験に出た過去問題を解説してくれます。この講義で公務員試験を受験するための準備が出来ます。

【地域行政学科 4年次 那覇高校出身】上里 良平 [うえざと りょうへい]

民事訴訟法

将来役立つ法律を学べます!

宮城 吏穂

人は生活していて誰でもトラブルを起こしたり、巻き込まれます。その時どう対処し、誰に助けを求めたら良いのかなどを「民事訴訟法」では学べます。担当の上江洲先生は私達がわかりやすいように、レジュメや判例を使って丁寧に説明してくれます。講義中にリフレッシュタイムを設けるなどの工夫をして私達が集中できる環境を作ってくれました。将来役立つ知識を身につけることができるのでお勧めな講義です。

【地域行政学科 4年次 具志川高校出身】宮城 吏穂 [みやぎ りほ]

自治体経営論

自治体の課題を実例をとおして学べます

伊佐 茉倫

公務員や企業、NPOとして地域に貢献したい!といった人にこの講義はおすすめです。自治体経営論とは「地域経営と組織経営とに分けられる」から始まり、豊富な実例を紹介しながら各自治体がどのように地域の課題と向き合っているのか、実際にどのような取り組みをしているのかなど、多様な知識を学べ、より一層興味をもつことができます。また、先生が分かりやすく丁寧に講義を進めていくのでそこが一番の魅力だと思います。

【地域行政学科 4年次 興南高校出身】伊佐 茉倫 [いさ まりん]

行政実務論T・U

公のために尽くすとは何かについて考える

島袋 愛梨

公務員は公のために尽くす仕事としてよく挙げられます。でも公務員以外にも公共に貢献する仕事はあります。ではなぜ公務員になることが公のために尽くすことになるのでしょうか?この講義ではこれらの疑問へのヒントとなる話が聞けるはずです。行政実務論T・Uでは実際に現場を見た方々が感じた貴重な話を聞くことができます。公務員を目指す人だけでなく公のために尽くすとは何かについて考えるいい機会になると思います。

【地域行政学科 4年次 コザ高校出身】島袋 愛梨 [しまぶく あいり]

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る