現在地: ホーム > 学部案内 > 法学部 > 地域行政学科3つのポリシー

法学部 | 地域行政学科

地域行政学科3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与方針)

 本学科において所定の卒業単位を取得し、以下の能力を身につけた者に対して、学士(法学)の学位を授与します。

  1. 1. 行政学、政治学、法律学を中心として、地方自治体および民間で活躍するために必要な知識を有している人物。
  2. 2. 「パブリック・インタレスト(公共利益)」を十分に理解し、地域づくりに取り組むことができる人物。
  3. 3. 地域社会が直面している諸問題を的確に理解し、その解決方法を提案することができる人物。
  4. 4. 地域づくりにおけるリーダーとなるために欠かせない知識とコミュニケーション能力を身につけている人物。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成方針)

 本学科では、地域社会の発展に貢献できる人材を育成するため、以下に示した方針で教育課程を編成しています。

  1. 1. 地域づくりに積極的に参画し、地域社会を牽引するリーダーを育むため、豊富な専門科目(行政科目、政治科目、法律科目)を開設し、初年次から受講できるようにしています。
  2. 2. より深い見識を身につけ、広い視野から物事を思考する能力を養うため、多様な教養科目を学べるようにしています。
  3. 3. 「パブリック・インタレスト(公共利益)」や地域社会が抱える課題に対する認識を深め、これらの課題を解決する方法を見出すため、行政学、地域行政論、公共事業論などの科目を配し、段階的に学べるようにしています。
  4. 4. 理論だけではなく、これを実践する現場の状況を理解するため、地域づくりの最前線で活躍している地方自治体の首長、議員、職員、NPO団体スタッフ等を講師として招き、理論と実務の双方を学ぶ機会を提供しています。
  5. 5. コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養い、高度な専門的知識を習得するため、各年次に応じて段階的にゼミナールを設置し、少人数制教育を実践しています。
  6. 6. 学生のキャリア形成を支援するため、複数の履修モデルを設定し、学生自身が希望の進路に沿ったカリキュラムを選択できるようにするとともに、特に、志望者の多い地方自治体の職員、警察官等を目指す学生のため、試験対策科目を開講して、試験勉強に意欲的かつ効率的に取り組める態勢を調えられるよう支援しています。

アドミション・ポリシー (入学者受入方針)

 本学科では、入学者に対して、高校卒業程度の基礎学力を身につけていることに加えて、特に以下の点について適性と意欲を持っていることを望みます。

  1. 地域社会の出来事から、広く世界の情勢にまで関心を持ち、常に問題の本質を見極めようと努力する人物。
  2. 何事に関しても、しっかりとした自分自身の考え方を持てるように学習し、同時に、他者との意見交換を通して、議論を建設的に発展させ、異なる考え方からも学ぼうと努力する人物。
  3. 将来、自ら選んだ職業を通して地域に貢献することを希望し、それへ向けての努力を厭わない人物。

 地域行政学科は、行政・民間部門において政策を企画・立案し、実務に対応できる人材、より深い見識と広い視野を身につけ、地域社会の発展に貢献できるような人材の育成を目指します。
 特にAO型入学試験において、私たちは高い志を有し、地域や社会の動きに目を向け、行動力を有する情熱ある志願者を求めます。
 これまでの勉強や部活動で得たもの、あるいはこれからの夢を、自分の言葉で表現できる能力を高く評価します。

ページの先頭へ戻る