現在地: ホーム > 学部案内 > 産業情報学部 > 企業システム学科3つのポリシー

産業情報学部 | 企業システム学科

企業システム学科3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与方針)

企業システムの基礎及び専門領域における知識を習得し社会のグローバル化に対応できる人材、さまざまなビジネス課題を分析し提言できる人材、自らの社会的責任を自覚し積極的に貢献できる人材に対して、学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー (教育課程編成方針)

  1. 1.マーケティング・経営・会計を中心に、ビジネスにおける基礎的な知識とグローバルビジネスなどの多面的かつ総合的な視点をもった人間を育成する専門科目を提供します。
  2. 2.課題への取り組みを通して、深い専門性に加え、理解力・表現力・問題解決能力を身につける演習科目を提供します。
  3. 3.地域企業への関心と社会貢献への意欲を高める教育、実学を志向した教育を提供します。

アドミション・ポリシー (入学者受入方針)

 企業システム学科では、情報化、国際化の進展の中、多様なビジネス活動に対応できる人材の育成を目指し、「マーケティング」「経営」「会計」の3分野を柱に専門的、体系的に学んでいきます。よって、本学科では以下のような志願者を求めます。

  1. 基礎的な教養を身につけ、自分自身のスキルや能力を鍛える意志を持っている人物。
  2. 企業システム学科で学びたい事を自覚し、表現できる人物。
  3. 大学卒業後のビジョンを抱き、地域・国際社会に貢献する意欲を有する人物。

 さらに、学力だけでは計れない多様な資質を有する学生をAO型入学試験によって受け入れ、その資質を開花させるために必要な教育を通して将来のビジネス社会で活躍できる人材育成を行います。
 AO型入学試験では、特に、次のような志願者を求めます。

  • (1)他者に誇れる活動や実績等を有している人物。
  • (2)企業システム学科で学びたい事を明確にアピールできる人物。
  • (3)大学卒業後のビジョンを抱き、自己研鑽ができる人物。

ページの先頭へ戻る