現在地: ホーム > 学部案内 > 産業情報学部 > 産業情報学科3つのポリシー

産業情報学部 | 企業システム学科

産業情報学科3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー (学位授与方針)

 産業経済および情報科学の基礎および専門領域における知識を習得し、現代社会の情報化・国際化に対応できる人材、さまざまな産業社会の課題を分析し提言できる人材、自らの社会的責任を自覚し積極的に貢献できる人材に対して、学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

  1. 1.現代社会における産業および経済に関する諸課題に対する問題発見力・分析力を有し、近未来に対する解決力・創造力を養うための専門科目を提供します。
  2. 2.情報科学・情報システム・経営情報・経済情報を学び、実社会で活躍できる人材を育成する専門科目を提供します。

アドミション・ポリシー(入学者受入方針)

  1. 将来の具体的なビジョンを描き、自己研鑽できる人物。
  2. 情報科学や産業・経済に興味があり、産業情報学科で学びたいことを明確に持ち、意欲的・主体的に勉学に励むことのできる人物。
AO型入学試験のアドミッション・ポリシー

 産業情報学科では産業社会(経済・金融・企業経営など)の基本的なしくみと情報技術について学び、経済活動や日常生活と情報技術の深い結びつきを理解することで、個人が地域社会において果たすべき役割について認識を深めます。
 理論と実践が融合したカリキュラムにより、あらゆる産業分野において情報化を推進する「産業の情報化」、情報技術を基に企業や産業の創出・発展を企画し実行する「情報の産業化」が担える人材の輩出を目標としています。
 また、学力だけでは計れない多様な資質を有する学生をAO型入学試験によって受け入れ、個性に柔軟に対応した教育を行い、多元的な社会で活躍できる人材を育成します。AO型入学試験では、特に、次のような志願者を求めます。

  • (1)他者に誇れる活動を行った、あるいは行っている人
  • (2)産業情報学科で学びたい事を明確にアピールできる人
  • (3)大学卒業後の具体的なビジョンを描き、自己研鑽できる人
産業情報学科講義の様子

ページの先頭へ戻る