現在地:  ホーム > 学部案内 > 総合文化学部 > 人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)

総合文化学部人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)

心の働きについて学び、人間を深く理解しよう!

 心理カウンセリング専攻では、人間のこころの働きについてさまざまな角度から幅広く学んでいきます。4年間を通して、"心理学的視点"( =さまざまな考え方を持つ人々の気持ちに寄り添い、ともに考える姿勢、目に見えないこころの現象を科学的にとらえる姿勢)を養います。
 各学年とも教員による密接な指導のもとで、心理学の基礎と応用の各分野を学ぶことを基本としています。それをふまえた上で、心理臨床(カウンセリングを含む幅広い心理的支援)に関する専門知識及び技術について、現場での事例等を参考にしながら、実践的に学ぶことができます。

学科の特色

社会で、人のこころで、今、起きていることを敏感に感じ、考え、行動する、知的センスを磨く

  1. 心理・福祉関連の専門職業人の育成
  2. 心理検査、心理学実験、臨床面接等の実習に力を入れる充実した教育内容
  3. 関連資格取得のための積極的支援
  4. 地域に根ざした実践的学習
  5. 生涯学習・社会人学生への積極的対応

学びのポイント

キーワードは、4つのつながり

心理カウンセリング専攻で育む4つのつながり
  • ヨコのつながり
    仲間と交流し、協同できる
  • タテのつながり
    先輩・後輩・教員と連携できる
  • 学問とのつながり
    心理学の面白さを知り、追求する
  • 社会とのつながり
    心理学を社会や日常生活で活かす

先生から見るOKIU

「心理学」を学び、あなたの中にある「生きていく力」を育てよう

前 堂 志 乃 准教授

前 堂 志 乃 准教授

 「大学で何が学べる?」「大学で何を学びたい?」皆さんが何度も聞かれ何度も考える問いですね。今は「専門的な知識や技術を学ぶ、多くの人に会いコミュニケーション能力を高める、多くの社会経験を積む」と考えているでしょうか?実は大学で心理学を学ぶとその先があります。「自ら問いを立て、調べ、考え、新たな知識や技術を生む(研究力と知の生産)、多様な人々や価値観を受けとめ尊重し合えるつながりを築く(多様性を受けとめつなぐ力)、今までの自分の経験や考え方を揺るがす知的、社会的経験を通じ自分を知る(自分を知り自分の器を広げる)」という「生きていく力」の学びです。心理学について、仲間、先輩後輩、教員とともに広く深く学ぶ4年間を体験し、あなたの中の「生きていく力」を大きく成長させてみませんか?

学生から見たOKIU

人間を様々な視点で捉える能力を高める

比嘉 樹里 人間福祉学科 心理カウンセリング専攻 4年次 那覇国際高校出身

比嘉 樹里

 心理学はこころという目に見えないものを扱いますが、抽象的なものではなく、科学的な手法を用いて人間の行動や心理現象を解き明かそうとする学問です。本専攻では知識を深めると同時に、実験や観察を通して論理的に物事を考える能力を身につけていきます。こころをより理解するには、人との関わりの中で様々な感情を体験したり、コミュニケーション能力を身に付けることが大切です。そのため学生たちもボランティア活動やイベント企画に積極的に取り組んでいます。さらに学生間の交流が活発で、仲間の存在が刺激となり向上心を持って日々勉学に励んでいます。私は女性支援に関心があり、地域で活動しています。心理学を「おもしろい」と感じるだけにとどめず、社会に貢献することを目的としたいと考えています。やりたいことに全力で取り組める大学生という時期を活かし、自分の関心のあることから世界を広げていって欲しいと思います。

【My Class Schedule 3年次 後期】
  時間割 MON TUE WED THU FRI SAT
1 9:00〜10:30   心理検査法 U        
2 10:40〜12:10 心理学専門演習TB   臨床面接法 U 生理心理学 U    
3 13:00〜14:30     心理学特講D 学習心理学 U   犯罪心理学
4 14:40〜16:10 学校臨床心理学         ストレス・マネジメント
5 16:20〜17:50 キャリア・カウンセリング          
6 18:00〜19:30     精神疾患とその治療      
人間福祉学科
心理カウンセリング専攻教員
教 授
井村  弘子 【臨床心理学】
上田  幸彦 【臨床心理学】
准教授
泊   真児 【社会心理学】
平山  篤史 【臨床心理学】
前堂  志乃 【認知心理学】

カリキュラム紹介

 心理カウンセリング専攻では、人間のこころと行動について、実験・観察・調査といった科学的手法を通した人間理解を学びます。また、心理学を実践的・体験的に学ぶことのできる専門科目を中心にカリキュラムを編成しています。これにより、社会のあらゆる分野で必要とされる論理的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、行動力を養っていきます。

1年次 2年次 3年次 4年次
学びのステップ 「基礎演習A・B」・「心理学概論」・「心理学と職業」・「心理統計学基礎」
●大学で学ぶ技術を身につける。
●心理学とは何かを知る。
「心理学基礎演習A・B」・「心理学研究法T・U」などの専門科目
●心理学の基本的なものの見方、考え方を身につける。
「心理学専門演習TA・TB」・「心理検査法 T・U」などの専門科目
●人のこころについて関心のあるテーマを見つけ、心理学的視点で考える訓練をする。
「心理学専門演習UA・UB」・「卒業論文」
●人のこころについて心理学的視点から新たな発見を得るために、卒業論文をまとめる。
専門基礎必修科目 基礎演習A
基礎演習B
心理学と職業
心理学概論
心理学基礎演習A
心理学基礎演習B
外国語演習I・II
心理学専門演習IA
心理学専門演習IB ※1
心理学専門演習IIA
心理学専門演習IIB ※1
専門選択必修科目 心理統計学基礎 心理統計学I・II
心理学研究法I・II
心理学史
人格心理学
臨床心理学I・II
精神医学
心理検査法I・II
臨床面接法I・II
 
専門選択科目 社会理論と社会システム
社会科学研究法
社会調査の基礎
社会学概論 T・U
発達臨床心理学
学校臨床心理学
インターンシップI・II
卒業論文
知覚心理学
認知心理学
生理心理学I・II
神経心理学
学習心理学I・II
教育心理学I・II
発達心理学I・II
社会心理学I・II
コミュニティ心理学
現代社会と福祉 T・U
精神保健福祉に関する制度とサービス
精神保健福祉の理論と相談援助の展開 T
精神保健学 T・U
家族心理学
犯罪心理学
芸術療法
行動療法
動作法
社会調査の企画と設計
都市社会学
家族社会学
グループアプローチ
キャリア・カウンセリング
ストレス・マネジメント
障害児・者心理学
心理学特講A・B・C・D
現代の社会病理
哲学的人間論
※ その他 社会福祉専攻開設科目

心理学の幅広い領域が学べる選択科目 社会福祉や社会学、哲学などの関連分野も学べる

※1.「心理学専門演習」各自の研究テーマに沿って、調査・実験・分析を行い研究を深めていきます。

ゼミナールの概要

ゼミナールとは、担当教員と10人から20人前後の学生で構成される少人数の授業形態のことをいいます。

1年次『基礎演習 A・B』 大学生活に必要な、読む・書く・調べる・発表するなどの基礎的な学びのスキルを身につけ、心理学の基礎的な知識を習得します。さらに、社会生活で必要な対人コミュニケーションスキルを実践的に学びます。
2年次『心理学基礎演習A・B』 人間の知覚、記憶、学習、行動、社会行動について、実験や観察、質問紙調査の実習を行い、心理学研究法の基礎(手続き、データの読み方、レポートの書き方)を身につけます。
3年次『心理学専門演習TA・TB』 学生各自が独自の研究テーマを設定し、調査・実験、データ分析、発表を行い自他の研究への理解を深め、卒業論文を作成します。
4年次『心理学専門演習UA・UB』

【卒業必要単位数】
共通科目 28単位以上 ※外国語8単位を含む
専門基礎必修科目 26単位以上
選択必修科目 16単位以上
専門選択科目 34単位以上

合計 124単位以上
※計104単位を含む

授業紹介

心理学と職業

体験的・実践的に学べ、自己実現に繋げやすい環境です

野原 裕太

 「心理学と職業」の講義では、自分自身の卒業後の進路について具体的にイメージすることができるようになります。各ゼミでは、事前学習として心理職の職業調べやグループ発表を行います。4日間の集中講義では、臨床心理士として活躍されている卒業生を招いて講話を聞き、実際に心理職のある職場(少年鑑別所、精神科病院など)に訪問して見学をします。講義全体を通して、様々な領域で臨床心理士が活躍していることに気づき、心理士の仕事について理解を深めることができました。心理カウンセリング専攻の魅力は、心理学の知識を体験的・実践的に学べることです。日々の生活の行動と結びつけて考えられる心理学はとても楽しいです。

【人間福祉学科 心理カウンセリング専攻 2年次 普天間高校出身】野原 裕太

科目名:社会心理学T・U

心の働きを科学的に読み解く

長嶺 志都

 この授業は、対人関係(友情・恋愛)、消費行動、集団心理などの社会心理学の領域で扱われるテーマについて、日常的な心理現象や話題を取り上げ、概説する内容となっています。簡単な実験やテストなどを用いたり、学生同士で話し合う機会もあるので、実践的に学べ、多角的に考えることができます。身近な事象を社会心理学的視点から読み解くことで、科学的・客観的な考え方を修得できるところが魅力です。
 人間福祉学科では、現代社会の仕組みと人間の心の働きを理解する授業が充実しているので、幅広い分野に活きる知識、技術、能力を身につけることができます。

【人間福祉学科 心理カウンセリング専攻 4年次 首里高校出身】長嶺 志都

科目名:心理学基礎演習A・B

レポートの書き方を実践的に学べます!

島袋 如野

 「心理学基礎演習A・B」では、5つのゼミをまわり、人間の学習、記憶、発達、知覚、行動についての研究を行います。そして、データの見方や考察の仕方といった基本的なレポートの書き方を学びます。他の講義で学んだ様々な心理学研究法を実際に活用することができ、先生方やSAの先輩方がサポートしてくれるので、すごくわかりやすいです。心理カウンセリング専攻では、その他にも実際に日常生活に応用できることが学べ、臨床心理士の資格を持った先生方もいるので、事例をまじえながら学ぶことが出来ます。

【人間福祉学科 心理カウンセリング専攻 3年次 中部農林高校出身】島袋 如野

科目名:ストレス・マネジメント

ストレスに対する実践的な支援法を学べるカリキュラムです

金城 君知

 この授業は実際に臨床現場で活躍されている臨床心理士の先生方を講師に招き、各講師がストレスについての理論を実際の症例などを例に挙げお話してくださります。現場での実践的な支援法を体験的に学ぶこともできるので、とても刺激を受ける授業内容となっています。心理カウンセリング専攻では、その他の授業でも外部の先生方を招き実際の現場でのお話を聞いたり、心理学の幅広い知識を身につけることができます。

【人間福祉学科 心理カウンセリング専攻 4年次 那覇高校出身】金城 君知

News!News!News! 心理カウンセリング専攻ニュース!

Vol.01 心理学検定に16名が合格!
大学院入試に心理カウンセリング専攻から12名が合格!

学生の写真

 日本心理学諸学会連合が認定する「心理学検定」に、平成27年度は本専攻の全学年から計33名が受検し、16名が級合格を果たしました。特1級が3名、1級が3名、2級が10名という内訳です。この検定試験は、学会連合による学問的に信頼性の高い制度であり、1級は大学卒業レベルの心理学の実力を証明するものとして位置づけられています。そのため、1級取得者については大学院入試科目の一部を免除するという大学院もあります。本専攻では、心理学検定の受検を推奨することを通して、心理学の実力向上やキャリア形成への活用を目指す学生を支援しています。なお、級合格者は、申請により受験料相当額が大学から補助されます。

 また、直近2年間(平成27〜28年度)の大学院入試に、本専攻から12名の学生が合格しました(沖縄国際大学大学院8名、鳴門教育大学大学院3名、淑徳大学大学院1名)。いずれも臨床心理士養成指定大学院であり、学部の授業でしっかりと心理学の基礎を学び、課外での自主勉強会でも切磋琢磨しながら学んでいる成果の賜物です。進学希望者には、心理学の基礎をしっかり学べるカリキュラム、学内向けの大学院説明会、現役大学院生との交流、学年を越えた試験対策自主勉強会があり、臨床心理士を目指す学生を支援する環境も整っています。

Vol.02 心理カウンセラーへの近道!県内唯一の臨床心理士養成指定大学院1種指定校!

学生の写真

 こころの時代と呼ばれている昨今、人の悩みの解決を支援する心理カウンセラーの仕事は社会的にも注目を集めています。日本でも心理カウンセラーの国家資格化がいよいよ本格的に動き出そうとしています。現時点では、心理カウンセラーになるためには、‘臨床心理士資格’を取ることが必須条件といえます。臨床心理士資格は、日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格ですが、もっとも専門性が高く、社会的にも認められているカウンセラーの資格と言えるでしょう。資格取得者は全国で約3万人を数え、スクールカウンセラーをはじめ、病院、教育・福祉施設、矯正施設など幅広い領域で活躍しています。資格を取るためには、大学卒業後、資格認定協会が指定する臨床心理士養成指定大学院(2年間)に進学し、受験資格を得る必要があります。沖縄国際大学は、県内唯一の1種指定大学院を開設しています。1種指定とは、臨床心理士養成の教育環境、スタッフ、カリキュラムが整っていることを示しており、臨床心理士になるための一番の近道であるといえます。沖縄国際大学大学院出身の臨床心理士は、45名で県内外の臨床現場で活躍しています。今年度は6名受験し5名が合格しました。大学院開設以降の通算の合格率は97.8%となっています。学部の講義やゼミを担当する専任教員は、全員大学院の講義も担当しています。そのため、学部と大学院のつながりも強く、大学院進学をする学生の大きな魅力の一つになっています。

Vol.03 教室だけで学ぶのではない。イベントも学びの場だ!

学生の写真

 心理カウンセリング専攻の特徴のひとつに、密接なタテとヨコのつながりがあります。同級生、先輩・後輩、教員との交流が活発で、仲が良いという評判です。この秘密は、心理カウンセリング専攻では様々な独自のイベントを企画していることにあると思います。イベントは、教員だけでなく、学生達が主体になって企画・運営しています。その中心になっているのが“ゼミ長会議”です。これは高校でいう生徒会のような機能をしています。このようなイベントは、仲間づくりの場となり、大学生活を楽しく過ごせることにつながるだけでなく、人との関わりを通じて心理学を学べる機会にもなります。心理学は、人間について研究する学問です。講義や教科書で学ぶことももちろん大事ですが、実際に人と関わることで学べることも多いのです。今年度は、次のようなイベントを計画中です。新入生歓迎スポーツ大会、ビーチパーティ、オープンキャンパスでの心理学体験コーナー、卒業論文発表会、AO・推薦入試合格者の集い、就職した先輩方との懇談会、内定を獲得した先輩方との懇談会、専攻手づくりの卒業証書授与式などがあります。

資格・卒業後の進路

取得可能な免許・資格

所定の科目を履修することによって、以下の免許や資格が取得できます。

  • 中学校教諭一種免許(社会)
  • 高等学校教諭一種免許(公民)
  • 博物館学芸員資格
  • 学校図書館司書教諭資格
  • 認定心理士資格※

※認定心理士資格は学部で心理学の基礎を幅広く学んだことを認定する資格です。臨床心理士資格を取るためには指定大学院への進学が必要です。

目指すステージ

資格を取得することによって専門職に就くことができます。

  • ■公務員
  • ■心理職(医療領域・教育領域・矯正領域・福祉領域・産業領域)
  • ■研究者
  • ■教員
  • ■一般企業

※心理学は人と関わる全ての職種に活かすことができます。

主な就職先

卸・小売

イオン琉球/沖縄ファミリーマート/沖縄ホンダ/オンデーズ琉球/金秀商事/光貴/サンエー/資生堂/社労士事務所/スズキ自販沖縄/西部ピアノ/ドラッグイレブン/ドラッグストアモリ/三城/みなと薬品/ヤマノホールディングス/ファイブフォックス/リウボウストア/りゅうせき

サービス業

求人おきなわ/JCC/ジャンボツアーズ/ソラーレホテルズアンドリゾーツ/日本テクノ/日本マクドナルド/碧/ベッセルホテル開発/町田機工/リザンコーポレーション

医療・福祉

安謝児童クラブ/石川学院/沖縄第一病院/沖縄徳洲会/風のうた保育園/コロロメソッド発達療育支援センター/サマリヤ人病院/児童家庭支援センターはりみず/晴明会/BOWL/やまねメディカル/おきなわeduアソシア

金融・保険

沖縄海邦銀行/コザ信用金庫

通信・IT

ウィンズ/沖縄テクノス/沖縄フォーサイト/ステーション・ピー/那覇データセンター

建設・不動産

住宅情報センター/タマホーム沖縄

製造

御菓子御殿

教育

意伸学院/狩俣小学校(学校事務)

公務員

恩納村役場

電気・ガス・水

マルヰ産業

運輸・郵便

ANA沖縄空港

進学

沖縄国際大学大学院/淑徳大学大学院/鳴門教育大学大学院/広島大学大学院

卒業生から見たOKIU MESSAGE

日々、成長できるよう頑張っています

上里 綾

株式会社ジャンボツアーズ
上里 綾
心理カウンセリング専攻
2013年度卒業 知念高校出身

 私は、(株)ジャンボツアーズのインバウンド事業部で主に、海外からのお客様を対象にホテルや食事施設など様々な手配の業務を行っています。
 学生時代は、"心理学"を学び、人の心の動きや対人コミュニケーションスキルを身につけるとともに、大学1年から中国語を学び、在学中に台湾で1年間の交換留学を経験しました。
 留学生活では、韓国人、アメリカ人、中国人など各国の人たちと交流し、自分自身の価値観が大きく広がりました。その時、出会った人・出来事が、私を大きく成長させてくれています。
 現在は、中国・香港の手配を担当しています。毎日が勉強の日々で、社会人として成長できるようひたむきに頑張っています。更に責任ある仕事を任せて頂けるよう、自分の可能性を信じてまい進していきたいと思います。皆さんもいろんな事にチャレンジして、自分の可能性を感じ、楽しい大学生活を過ごしてください。

※MSW = Medical Social Worker(医療ソーシャルワーカー)の略。医療福祉分野におけるソーシャルワーカーのことで、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題を解決するための調整や援助を行う専門職のこと。

関連ページへのリンク

ページの先頭へ戻る