【シラバス基本情報】

科目名 流通政策論U
担当教員 河田 賢一
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 後期
授業形態 一般講義
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

本講義は日本に百貨店が誕生して以降の、流通政策の移り変わりについて学んでいきます。流通政策は基本的
 に大規模小売業(百貨店、総合スーパー)と中小小売業との対立という図式で展開されています。しかしなが
 ら1990年前後からそれまでの流通政策が大きく転換されてきています。その流れについて見てゆきます。

【授業の展開計画】

 

内容
1
ガイダンス
2
大店法の再改正と見直し@
3
大店法の再改正と見直しA
4
大店法の廃止と大店立地法の制定@
5
大店法の廃止と大店立地法の制定A
6
戦前から高度経済初期までの中小小売商業政策@
7
戦前から高度経済初期までの中小小売商業政策A
8
戦前から高度経済初期までの中小小売商業政策B
9
流通近代化政策と中小小売商業振興法@
10
流通近代化政策と中小小売商業振興法A
11
特定商業集積整備法と街づくり@
12
特定商業集積整備法と街づくりA
13
中心市街地活性化法と街づくり@
14
中心市街地活性化法と街づくりA
15
講義のまとめ       16回目:期末試験

【履修上の注意事項】

本講義を履修する場合、講義内容を理解するためにも可能な限り流通政策論Tも履修していることが望ましい。
ただし流通政策論Tのみを履修することは一向にかまいません。

【評価方法】

期末試験(70%)、出席点および受講態度(30%)

【テキスト】

加藤義忠・佐々木保幸・真部和義『小売商業政策の展開(改定版)』2006年

【参考文献・その他】