【シラバス基本情報】

科目名 比較経営論U
担当教員 佐久本 朝一
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 後期
授業形態 一般講義
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

国際比較の経営的な視点により辺境における経済発展の理論について説明する。そこでは経営組織を構成する人・文化・経済という視点から、イギリス、アメリカ・日本の経済発展のプロセスを辿っていくことになる。さらに、国際感覚を身に着けるために英文を読みながら日本の雇用システムの特質について日米の比較を行なうことにしたい。また上記のような説明を行なった後で、マクロ的な経営比較という視点から、地域経済の発展に貢献しうるような沖縄の経営組織の特質についても考える。さらにそれに関連すると思われる視聴覚の教材についても逐次利用していく。

【授業の展開計画】

1 国際的な企業における経営組織
2 イギリスにおける企業経営組織
3 アメリカの経営組織
4 経済発展と企業者活動
5 経営戦略
6 経営理念の国際比較
7 日本型雇用システムの特質
8 欧米と日本の経営組織の比較
9 アジア型経営組織と日本的経営
10 沖縄の経営組織の特質


参考文献
1 中川敬一郎「比較経営史序説」東京大学出版会
  アメリカンマネジメントの特質を日米比較の観点から知ることが出来る
2 大河内暁男「経営構想力」東京大学出版会
  企業経営者の経営行動についての具体的ケースが豊富にもりこまれている
3 佐久本朝一「技術革新下の日本型企業社会」ユージン伝株式会社
4 佐久本朝一「日本企業と過労シンドローム」中央経済社

【履修上の注意事項】

 講義は抽象的な内容になることから、講義中に雑談を行なう学生あるいは20分以上の遅刻者については退席をお願いすることもあるので注意すること。

【評価方法】

出席および2回の論文記述テスト

【テキスト】

 技術革新下の労働と日本型企業社会 INNOVATION AND THE JAPANESE STYLE OF BUSINESS SOCIETY 
著者 佐久本朝一  発行所 国際経営研究所

【参考文献・その他】