【シラバス基本情報】

科目名 財務会計T
担当教員 鵜池 幸雄
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 前期
授業形態 一般講義
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

現行の公表会計制度は、企業の一定時点の財政状態や一期間の経営成績並びに資金フローの状態を財務諸表の利用によって外部の利害関係者に報告することを目的としている。このような財務諸表によって企業のどのような活動が写像されているかを理解するためには、企業の資本活動が、会計システムという媒介によって、どのようにとらえられているかを理解することが本講のねらいである

【授業の展開計画】

本講義では、企業が作成する財務諸表について、どのような企業活動が前提にあり、これがどのような考え方に基づいて認識、測定、記録、表示されているかについての学生の理解を深めることにする。そこでは我が国の会計原則の規範である「企業会計原則」を損益計算書を基本とし、当該財務諸表によってもたらされる企業活動情報の総合的な理解を図ることにする。

内容
1
ガイダンス
2
会計主体論
3
会計公準論
4
企業会計原則と会社法
5
企業会計の一般原則T
6
企業会計の一般原則U
7
損益計算書概論
8
収益・費用の認識と測定T
9
収益・費用の認識と測定U
10
収益・費用の認識と測定V
11
費用と収益の対応
12
営業損益計算
13
期間業績計算
14
損益計算書総論
15
試験

【履修上の注意事項】

簿記原理U、会計学を履修済みであることが望ましい。

【評価方法】

授業への参加姿勢、試験、レポート等を総合的に評価する。

【テキスト】

講義中に指示する

【参考文献・その他】