【シラバス基本情報】

科目名 経営分析
担当教員 清村 英之
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 前期
授業形態 一般講義
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

 この講義では,会社が公表する会計データの集め方と,その利用の仕方を解説します。具体的には,実際にインターネット等を通じて入手した実際の会社情報(会計データ)を,様々な分析手法を用いて計算し,それを解釈することによって,会計データの使い方を修得します。
 なお,会計データの使い方を学ぶためには,その作り方を知らなければならならないので,講義前半では会計データの作り方を解説します。

【授業の展開計画】

 

内容
1
ガイダンス
2
経営分析の意義
3
会計情報(会計データ)の集め方
4
貸借対照表の見方
5
損益計算書の見方
6
キャッシュ・フロー計算書の見方
7
会社の全体像をつかむ
8
会社の成長性をつかむ
9
会社の収益力をはかる
10
安全な会社の見分け方
11
会社の社会性を読む
12
会社の資金運用力を見る
13
損益分岐点を計算する
14
会社を総合的に評価する
15
期末テスト

【履修上の注意事項】

 「商業簿記T・U」(または「簿記原理T・U」8単位分)を履修済みの学生しか登録できません。

【評価方法】

 出席20%,テスト80%で評価します。

【テキスト】

 使用しません。

【参考文献・その他】

 森田松太郎『ビジネスゼミナール経営分析入門・第3版』日本経済新聞社。
 田中弘『経営分析:会計データを読む技法』中央経済社。