【シラバス基本情報】

科目名 経営分析演習
担当教員 清村 英之
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 後期
授業形態 演習
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

 この講義では,「経営分析」で学んだ会計データの集め方・利用の仕方を活かして,実際に経営分析を行います。具体的には,受講生各自が分析対象企業を選択し,インターネット等を通じて会社情報(会計データ)を入手し,様々な分析手法を用いて計算し,それを解釈し,レポートにまとめます。

【授業の展開計画】

 

内容
1
ガイダンス
2
分析企業の選択
3
会社情報(会計データ)の収集
4
会社の全体像をつかむ:平均財務諸表の作成
5
会社の成長性をつかむ:伸び率の計算
6
会社の収益力をはかる@:資本利益率の計算
7
     〃     A:売上高利益率の計算      
8
     〃     B:資本回転率の計算
9
安全な会社の見分け方@:短期的な安全性の分析
10
     〃     A:長期安全性の分析
11
会社の社会性を読む:付加価値の計算
12
会社の資金運用力を見る
13
損益分岐点を計算する
14
会社を総合的に評価する
15
レポート提出

【履修上の注意事項】

 「経営分析」を履修済みの学生しか登録できません。

【評価方法】

 出席20%,レポート80%で評価します。

【テキスト】

 使用しません。

【参考文献・その他】

 森田松太郎『ビジネスゼミナール経営分析入門・第3版』日本経済新聞社。
 田中弘『経営分析:会計データを読む技法』中央経済社。