【シラバス基本情報】

科目名 会計監査
担当教員 翁長 良禎
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 前期
授業形態 一般講義
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

初学者に職業的専門家である公認会計士による財務諸表監査とは何かを理解できるよ うに講義をする。近時、企業会計を巡る粉飾やそれを見逃している監査人の責任などが 問題にされている。しかし、これらはむしろ例外的事象であって、企業会計の監査は専 門家である公認会計士への信頼の上に築かれている社会経済的制度である。そのような 監査制度の概略を講述することを通して監査とは何かを明らかにして行く。

【授業の展開計画】

第1週 監査とは何か。   
第2週 ディスクロージャーと会計監査   
第3週 欧米の監査の歴史   
第4週 わが国の監査制度の成り立ち   
第5週 証券取引法監査   
第6週 会社法監査   
第7週 公認会計士制度   
第8週 監査基準とは何か  
第 9週 監査基準の構成    
第10週 リスク・アプローチ  
第11週 内部統制と監査  
第12週 監査計画  
第13週 監査の実施  
第14週 監査の品質管理  
第15週 コーポレート・ガバナンス  

【履修上の注意事項】

毎回出席を取ります。従って3分の2以上出席していない場合は、期末試験が受けら れません。このことは厳格に行いますので注意して下さい。その他にも受講生に対して 2,3の注文がありますが、登録時にお知らせします。

【評価方法】

期末試験の結果を主とし、出席状況を若干考慮して評価します。

【テキスト】

田中恒夫著『監査論概説』 創成社

【参考文献・その他】