【シラバス基本情報】

科目名 税務会計
担当教員 大城 建夫
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 後期
授業形態 一般講義
単位数 2
準備事項  
備考 会計コース

【授業のねらい】

本講義では、税務会計の基礎的、全般的内容を修得させることを目標とする。特に、法人税法の課税所得計算と会計(財務会計)の利益計算との関わりを中心にわかりやすく講義する。

【授業の展開計画】

 1.税務会計の意義と役割
  2.課税所得計算の意義
  3.収益と益金、費用と損金
  4.販管費と寄付金
  5.販管費と貸倒損失
  6.棚卸資産と損金
  7.有価証券と損金
  8.中間テスト
  9.固定資産と損金(1)
10.固定資産と損金(2)
11.繰延資産と損金
12.貸倒引当金と損金
13.圧縮記帳等
14.税額計算と納税申告
15.期末テスト

【履修上の注意事項】

税務会計の講義では、法人税法と会計理論の比較検討を行う。そのため、税務会計を受講するには、商業簿記T、U、会計学T、U、税法を履修していることが望ましい。

【評価方法】

成績評価の方法は、出席状況、中間テスト、期末試験などの内容を総合して判断する。

【テキスト】

未定

【参考文献・その他】

大城建夫『税務会計の理論的展開』同文舘出版、中田信正『税務会計要論』同文舘出版、成道秀雄編著『税務会計論』中央経済社