【シラバス基本情報】

科目名 消費者行動演習
担当教員 原田 優也
対象学年 2年
単位区分 選択  
開講時期 後期
授業形態 演習
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

消費者行動概論に引き続き、応用編として、沖縄県内のビジネス市場を対象に、消費者行動論の視点から消費
者の意思決定や行動を解釈し、具体的かつ有効なマーケティング戦略を立案することを目指します。県内の消費
者行動に関する事例を紹介するので、これについて整理し分析したうえで、商品・サービスの開発や改善に関す
る具体案を提示してもらいます。また、事例に関して関連情報を調査し、まとめてもらうことで、消費者行動を
理解するために必要な知識を高めてもらいます。 

【授業の展開計画】

(1) オリエンテーション             
(2) 消費者を取り巻く環境(1)
(3) 消費者を取り巻く環境(2)             
(4) ブランドと消費者行動 (1)    
(5) ブランドと消費者行動 (2)  
(6) ブランドと消費者行動 (3)                
(7) ケース・スタディー分析(1)           
(8) ケース・スタディー分析(2) 
(9) ケース・スタディー分析(3) 
(10) プロジェクトの発表(1)  
(11) プロジェクトの発表(2)        
(12) プロジェクトの発表(3)            
(13) プロジェクトの発表(4)     
(14) プロジェクトの発表(5)               
(15) レポートの編集作業                   
(16) レポートの提出

【履修上の注意事項】

(1)本科目は「消費者行動概論」と連続したプログラムを組んでいる。消費者行動概論で理論の学習→消費者行
動演習で実習プロジェクトを行うので、「消費者行動概論」とセットで登録することが望ましい。
(2)出席を重視し、積極的に学ぶ姿勢が必要である。
(3)講義回数の3分の1以上を欠席した場合は、不合格とするので注意すること。
(4)授業中の携帯電話、飲食、私語、迷惑行為等は教室から退出させ再入室させない。

【評価方法】

課題の報告内容(50%)・出席および受講態度(50%)などで総合的に評価する。

【テキスト】

杉本徹雄(1999)「消費者理解のための心理学」福村出版

【参考文献・その他】

@清水聰(2000)「新しい消費者行動」千倉書房
A必要に応じて講義中に紹介します。