【シラバス基本情報】

科目名 ベンチャー経営論T
担当教員 岩橋 建治
対象学年 3年
単位区分 選択  
開講時期 後期
授業形態 一般講義
単位数 2
準備事項  
備考  

【授業のねらい】

ベンチャー経営についての理解を深める。ベンチャーの本質は革新を生み出すことにある。そのため、ベンチャ
ー経営に関する知識は、起業を志す者に限らず、すべての産業人に、現状を乗り越えるための発想の転換を促す
可能性をもつ。この授業では、ベンチャー経営に関する基礎知識を学ぶとともに、ベンチャー企業の成否を左右
するさまざまな環境要因について検討を行う。

【授業の展開計画】

1.理論
    (1) ベンチャー企業とは
    (2) 起業家とベンチャー企業
    (3) 起業のプロセスと成長戦略
    (4) 組織のマネジメント
2.ファイナンスとマーケティング
    (1) ベンチャー・ファイナンス
    (2) マーケティング
3.外部環境
    (1) 組織間関係
    (2) 組織の失敗要因の分析
    (3) コミュニティ・ビジネス
4.会社設立と起業の実践について
5.中間レポートの報告

【履修上の注意事項】

県内外のベンチャー企業に対する関心を深めて欲しい。

【評価方法】

期末試験(80%)、中間レポート(20%)

【テキスト】

金井一頼・角田隆太郎 編著 (2002) 『ベンチャー企業経営論』有斐閣。

【参考文献・その他】

適宜紹介する。