現在地: ホーム > 大学院案内 > 地域産業研究科 > 地域産業専攻

地域産業研究科

地域産業専攻 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

  1. 所定の年限在学し、研究指導を受け、本研究科の目的に沿って設定した科目を履修して、所定の単位を修得し、かつ修士論文または特定課題研究を提出して、所定の試験に合格することが課程修了の要件です。
  2. 地域産業に関係する専門的・複合的な学識を備え、専攻領域における研究能力及び知識、高度な職業人としての優れた能力及び知識を身につけているかどうかが、課程修了の目安となります。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

地域産業の振興を促進する上で直面する様々な課題に実践的に対処でき、国際的にも活躍できる人材を育成するために、次のような方針に沿ってカリキュラムを作成しています。

  1. 広範な講義科目群より専門知識を習得すると共に複合知識を実社会において体現できる能力を身につける。
  2. 研究指導分野に関わる指導教員群との相互討論によって自らの問題意識を明確にし、個別課題に取り組む。
  3. 修士論文または特定課題研究を完成し、自己の研究を専門分野の中に位置づけ、研究の成果と意義について客観的に把握する能力を身につける。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

地域産業研究科は、経済、経営、マーケティング、会計、情報、環境などの学術分野の有機的な連携の下に、各領域の専門性の深化と併せて広い視野に立った思考能力を有する専門的職業人を養成することを目的としています。そのため、以下のような人物を受け入れます。

  1. 各専攻領域に関する知識及び専門的な素養を有する人物。
  2. 企業、行政および教育などの実務現場で将来、地域社会、国際社会の発展に寄与できる豊かな素養と能力・意欲を備えた人物。

ページの先頭へ戻る