現在地: ホーム > 大学院案内 > 地域文化研究科 > 人間福祉専攻

人間福祉専攻

人間福祉専攻 臨床心理学領域3つのポリシー

本領域の教育目標

  1. 臨床心理学領域における専門的知識と技能を兼ね備え、保健・医療、教育、福祉、司法・矯正、産業・労働等の各分野で活躍できる臨床心理士を養成します。
  2. 時代や社会の要請に応え、現代社会における人の安寧につながる研究ができる人材を養成します。
  3. 現代社会における諸問題について心理学的視座から、高度な専門的技能を用い、多職種と協働しながら、実践的な問題解決が図れる人材を養成します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

本領域は、領域所定の教育課程を終え、本領域の教育目標を達成した学生を、以下の資質を有する人物と認め、修士(臨床心理学)の学位を授与します。

  1. 臨床心理学および心理学の各領域に関して、一定以上の見識を有している
  2. 自らの専門領域について一定以上の専門的な見識と研究方法を有している
  3. 自らの専門領域における課題について、実証的な研究活動によって一定レベル以上の修士論文にまとめることができる
  4. 実習において、一定以上の臨床心理学的知識・技術・技能を身につけている

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成方針)

本領域の教育目標およびディプロマ・ポリシーを実現するために、以下の方針に基づいて正課教育を編成し、正課外教育を展開します。

  1. 臨床心理査定の技能を高めるための講義・実習を提供する
  2. 臨床面接の技能を高めるための講義・実習を提供する
  3. 臨床心理学的地域援助の実践力を高めるための講義・実習を提供する
  4. 臨床心理学的研究・調査を可能にするための科目群を提供する

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本領域の教育目標を理解し、人間のこころに関心を持ち、幅広い視野と柔軟な思考を備え、高度な専門職をめざす、以下のような人物をもとめます。

  1. 臨床心理士をめざす人物
  2. 心理学の基礎的知識と対人関係能力を、一定以上身につけている人物
  3. 心理学の実証的研究手法を通して、心理学的現象を論理的に考え説明できる力が身についている人物
  4. 心理学的視座から現代社会における諸問題について関心を持ち、人とのつながりの中で実践的に問題を解決していくことができる人物

ページの先頭へ戻る