沖縄国際大学HP 企業システム学科

企業システム学科ではどのようなことを学ぶのですか?

 IT革命やグローバリゼイションの進展など、企業活動・ビジネスをめぐる環境は著しく変化しています。企業システム学科では、このように激動するビジネス社会で必要とされる実践的な知識や技術を「マーケティング」「経営」「会計」の3分野を柱に専門的・体系的に学びます。
 企業システム学科では、現実の企業活動・ビジネスに直結した実践的な学問を中心としたカリキュラムが編成されています。そのため、大学で学んだことが、そのまま就職しても活かせるところに企業システム学科の強みがあります。


カリキュラムにはどのような特色がありますか?

 マーケティング分野、経営分野および会計分野の総合的な理解を得ることができ、また、特定の分野について専門的な深い理解を得ることも可能なカリキュラムが編成されています。つまり、ビジネスのゼネラリストとして最低限必要な知識を習得する科目の上に、各コース(マーケティング・経営・会計)のスペシャリストとして望まれる高度な専門科目が配置されています。
 また、高度情報化社会・国際化時代に適応できるように、各コースの専門科目内にマルティメディア社会に対応する科目(「マーケティング情報処理」「eコマース・マーケティング」「経営情報処理」「コンピュータ会計」)と、グローバル社会に対応する科目(「マーケティング英語」「グローバル・マーケティング」「国際経営論」「英文簿記・会計」)を設置しました。
 さらに、社会の第一線で活躍している企業人が講義する科目(「ビジネス特別講義」)を設け、また、教室では得られない実践的な知識・技能を習得できるように、体験学習として企業実習(「インターンシップ」)を実施します。


企業システム学科では、どのような免許・資格が取得できますか?

 企業システム学科では、高等学校教諭一種免許(商業)、高等学校教諭一種免許(公民)、中学校教諭一種免許(社会)、図書館司書資格、学校図書館司書教諭資格、博物館学芸員資格の課程を設置しています。
 また、講義科目と連動して、日商販売士検定日商簿記検定BATIC(国際会計検定)、日本ビジネス・コンピューティング、日商文書技能検定、パーソナルコンピュータ利用技術者試験、中小企業診断士税理士、公認会計士などの資格取得支援を行っていきます。


卒業後、どのような進路が考えられますか?

【主な就職先 -実績- 】
[電気]
 沖縄電力
[金融・保険業]
 琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行、沖縄県労働金庫、大同火災海上保険
[卸売・小売り]
 リウボウインダストリー、サンエー、琉球ジャスコ
 沖縄ベスト電器、沖縄ファミリーマート、トヨタカローラ沖縄
[建設業・運輸業・製造業]
 金秀建設、日本トランスオーシャン航空、琉球セメント
[サービス業その他]
 ザ・テラスホテルズ・税理士・会計事務所
[公務員関係]
 中学校・高等学校(教員・学校事務)、沖縄県庁・市町村役場