法学部

COLLEGE OF LAW

地域行政学科

地方が抱える問題の解明・解決に全力を注ぐ人材へ

法律とともに政治や経済、地方自治のあり方にも関心を広げ、社会公共のために多方面で活躍する人材を育てたい。それが、地域行政学科の掲げる理想です。
沖縄での実践的・体験的な学びを大切にすることと、豊かな人間性に基づくリーダーシップを養成することに、重きをおいています。

学科の特色

沖縄の公共的課題に密着しながら市民のニーズを深く理解し、
これからの「地域」観と「行政」観とを明確化する

  1. 法学部生としての法的思考力・判断力を自らのものとし、公正な地域社会の実現を担う。
  2. 米軍基地、地域経済、雇用、福祉、国際結婚・離婚など沖縄の自治体が直面する様々な課題と向き合い、そこから現在の地方・日本・世界をより深く理解する。
  3. 体験・実践を通じて、人と人とのコミュニケーションや地域とのかかわり合いを再発見し、政策のアイディアにつなげる。

学びのポイント

アカデミックアドバイザーとも相談しながら、それぞれの将来の目標を実現するための履修計画を自分で組み立てる方針をとっています。

  • 公務員として地域に貢献したい!
  • 企業やNPOといった民間の力で地域に貢献したい!
  • 政治にかかわる仕事(ジャーナリズムや議員活動など)で地域に貢献したい!

地域行政学科では、行政の法制度や自治体の行政運営を中心に、法律、政治、外交、経済にかかわる講義科目、地元沖縄に根ざした体験科目を多彩に開講しており、理論と政策とのバランスを意識したカリキュラムを志向しています。学生は、専門的な知識を広げるとともに、言語、思想・哲学、歴史、文化、環境、地域の多様性に対して尊重の念をもち、教養と人間性とを高めていくことが期待されます。

  • 山城 舞

沖縄と世界の架け橋を目指して

地域行政学科では法律や政治、行政だけでなく、沖縄が現在かかえている問題について、どう取り組むかについて学んでいきます。私は、沖縄の事はもちろん、国際関係についても興味があるので、この学科を選びました。入学した頃に比べ、様々な人と関わるなかで、沖縄の問題に対して、自分自身の考え方や見方が変わりました。ゼミでは、もちろん先生との距離は近くなりますが、同じ学科の他の先生方も、親身になって私達の相談に乗ってくれて、アドバイスを下さいます。先生方はどなたも話しやすくて、とても心強いです。私は将来、沖縄と世界との架け橋になれるような人材を目指しています。皆さんも、一緒に知識を広げ、沖縄の力になりませんか?

地域行政学科 4年次 コザ高校出身

山城 舞 [ やましろ まい ]

地域行政学科からのお知らせ

TOP