トップ 学部・学科紹介 経済学部 地域環境政策学科

経済学部

COLLEGE OF ECONOMICS AND ENVIRONMENTAL POLICY

地域環境政策学科

経済の視点から地域と環境を考える!

地域の経済問題を探る「地域経済」と人間社会にとって望ましい環境水準を作りだすための政策である「環境政策」の両分野を融合させ、経済学を基礎に、環境の保全と資源の利用やあり方について理解を深め、地域社会に貢献できる人材の育成を目指します。
環境問題は自然科学的問題と思われがちですが、大量生産・大量消費・大量廃棄の現代社会のライフスタイルそのものが、環境への負荷を与えている根源となります。そのことを考えると環境問題は経済活動から引き起こされます。地域経済と環境政策の両分野を融合させて、様々な課題にアプローチしていくことは非常に有益であると言えます。
地域環境政策学科では「21世紀の多様な現代社会において、持続発展可能な循環型地域社会の構築に貢献できる高い見識と深い専門性を身につけた人材の育成」を目指し、地域社会のニーズに対応した充実した教育プログラムを提供しています。地域の経済・文化・歴史・自然をしっかり学ぶことから、あなた自身の足元を見つめ、地域経済と環境政策への理解を深めていきましょう。

学科の特色

経済学を基礎に多様なカリキュラムと充実した環境関連科目

  1. 科目の自由かつ柔軟な選択による進路の探求
  2. 沖縄、日本、世界の最新の経済動向と環境問題を学ぶ
  3. 体系的なカリキュラムによって経済学の基礎理論と応用・実践を学習
  4. 地域経済と環境経済を考える広く深い視野を育成
  5. 国際化・情報化に対応した実践的な科目を配置
  6. 資格取得支援科目の提供
  7. 大学院地域産業研究科との連携による教育研究の充実を目指す
  8. 経済活動を通して、環境を良くする理論や実践を学ぶ

学びのポイント

  • 平良 奈津子

沖縄の魅力を感じながら、夢に向かってチャレンジ出来る学科です!

私は沖縄県の自然や観光産業に関心があり、地域環境政策学科に入学しました。志望した理由は、フィールドワークなどを通して、地域密着型で経済や自然環境の知識を得ることで沖縄の魅力を最大限に学べると考えたからです。経済から環境資源、自然環境と1つの学科においての学びの選択肢が多いことや、留学へ挑戦するなどアクティブな学生が多いことも魅力です。ここでの学びを活かし将来は、東南アジアや発展途上国の豊かな自然をそのまま活かしながら観光の発展から経済成長へと繋がるサポートをしたいです。沖縄の魅力を感じながら学び、将来を考え、夢に向かってチャレンジ出来る学科です。自分の可能性を信じ、本学科で多くのことに挑戦して下さい!

地域環境政策学科 3年次 北谷高校出身

平良 奈津子 [ たいら なつこ ]

地域環境政策学科からのお知らせ

TOP