トップ 学部・学科紹介 総合文化学部 人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)

総合文化学部

COLLEGE OF GLOBAL AND REGIONAL CULTURE

人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)

心の働きについて学び、人間を深く理解しよう!

心理カウンセリング専攻では、人間のこころの働きについてさまざまな角度から幅広く学んでいきます。4年間を通して、“心理学的視点”(=さまざまな考え方を持つ人々の気持ちに寄り添い、ともに考える姿勢、目に見えないこころの現象を科学的にとらえる姿勢)を養います。
各学年とも教員による密接な指導のもとで、心理学の基礎と応用の各分野を学ぶことを基本としています。それをふまえた上で、心理臨床(カウンセリングを含む幅広い心理的支援)に関する専門知識及び技術について、現場での事例等を参考にしながら、実践的に学ぶことができます。

専攻の特色

社会で、人のこころで、今、起きていることを敏感に感じ、
考え、行動する、知的センスを磨く

  1. 心理・福祉関連の専門職業人の育成
  2. 心理検査、心理学実験、臨床面接等の実習に力を入れる充実した教育内容
  3. 関連資格取得のための積極的支援
  4. 地域に根ざした実践的学習
  5. キャリア形成への積極的支援

学びのポイント

心理カウンセリング専攻で育む4つのつながり

【キーワードは、4つのつながり】

  • ヨコのつながり
    仲間と交流し、協同できる
  • タテのつながり
    先輩・後輩・教員と連携できる
  • 学問とのつながり
    心理学の面白さを知り、追求する
  • 社会とのつながり
    心理学を社会や日常生活で活かす
  • 森田 瑠莉

目に見えない「こころ」を科学的に学ぶ

こころとは身近なものですが、目に見えず、私たちとってわからないことが多くあります。そのこころを科学的に明らかにしようとする学問が心理学です。本専攻では、心理学の基礎知識や専門技術を実際に体験しながら学べると同時に、物事を論理的に考え、多角的な視点を養うことができます。学生同士の交流も盛んで、先輩方や先生方とも多く交流することができ、コミュニケーション能力を養うことができます。私は社会で起こる人間の行動や心理、教育について興味を持っており、将来教師になりたいと思っています。大学生活では、多くのことに興味を持ち、自らの視野を広げ、皆さんにとって実りある大学生活になってほしいと思います。

人間福祉学科 心理カウンセリング専攻 3年次 浦添高校出身

森田 瑠莉 [ もりた るり ]

人間福祉学科(心理カウンセリング専攻)からのお知らせ

TOP