総合文化学部

COLLEGE OF GLOBAL AND REGIONAL CULTURE

社会文化学科

「沖縄」と「人間」をより深く学び、
「アジア・世界のなかの沖縄・日本」を担う人材を目指す!

社会文化学科は、東アジアを中心とする周辺世界との関係も視野にいれながら、琉球弧の島々の歴史と現在を徹底的に学ぶ学科です。「沖縄」と「人間」にこだわり、「日本・アジア・世界のなかの沖縄」を担う人材を育てます。

学科の特色

沖縄の歴史・文化・社会を総合的に学び、フィールド(現場)で得た知識と、グローバルな視座で未来を切り拓く人材を育成する!

  1. 沖縄の歴史・文化・社会を理解するスペシャリストの養成
  2. 現場を重視するフィールドワークの実践
  3. 人類社会・文化の仕組みに対する幅広い知識の修得
  4. 沖縄からアジア・世界へ広げる国際的視野
  5. 実践的英語能力の養成
  6. 4年間一貫ゼミによる少人数教育の充実
  7. 問題を発見し、解決できる人材の育成

学びのポイント

沖縄・アジア・世界を理解するための4つの領域と7つの専門ゼミ

  • 社会・平和領域【社会学ゼミ、平和学ゼミ】
  • 民俗・人類学領域【民俗学ゼミ、人類学ゼミ】
  • 考古・先史領域【考古・先史学ゼミ】
  • 歴史領域【歴史学[前近代]ゼミ、歴史学[近現代]ゼミ】

沖縄を学び、沖縄を発信する!

沖縄を中心に学ぶ社会文化学科では、考古学・歴史学・民俗学・人類学・社会学・平和学の諸領域から学生各自が自分の関心に近い専門ゼミを選択し、学びを深めていきます。私は、その中から歴史学ゼミを選択しました。文献資料だけでなく、県内外でのフィールドワークを重視するゼミのカリキュラムを通し、沖縄について広く学ぶことが出来ます。学科の恒例行事であるMT(新入生対象の学生交流・宿泊研修)は、先輩・後輩との交流を深める重要な機会です。私は、昨年、2年生スタッフとして実行委員長を務めるという貴重な経験をさせていただきました。私は通常の授業以外でも、SmiLife(スマイライフ)という本学科の学生のみで構成されるサークルに所属し、主に県内外の学生を対象とした平和ガイドを実践するなど、とても充実した学生生活を送っています。

社会文化学科 3年次 興南高校出身

比嘉 姫春 [ ひが きはる ]

社会文化学科からのお知らせ

TOP