総合文化学部

COLLEGE OF GLOBAL AND REGIONAL CULTURE

社会文化学科

「沖縄」と「人間」をより深く学び、
「アジア・世界のなかの沖縄・日本」を担う人材を目指す!

社会文化学科は、東アジアを中心とする周辺世界との関係も視野にいれながら、琉球弧の島々の歴史と現在を徹底的に学ぶ学科です。「沖縄」と「人間」にこだわり、「日本・アジア・世界のなかの沖縄」を担う人材を育てます。

学科の特色

沖縄の歴史・文化・社会を総合的に学び、フィールド(現場)で得た知識と、グローバルな視座で未来を切り拓く人材を育成する!

  1. 沖縄の歴史・文化・社会を理解するスペシャリストの養成
  2. 現場を重視するフィールドワークの実践
  3. 人類社会・文化の仕組みに対する幅広い知識の修得
  4. 沖縄からアジア・世界へ広げる国際的視野
  5. 実践的英語能力の養成
  6. 4年間一貫ゼミによる少人数教育の充実
  7. 問題を発見し、解決できる人材の育成

学びのポイント

沖縄・アジア・世界を理解するための4つの領域と7つの専門ゼミ

  • 【社会・平和領域】社会学ゼミ、平和学ゼミ
  • 【民俗・人類学領域】民俗学ゼミ、人類学ゼミ
  • 【考古・先史領域】考古・先史学ゼミ
  • 【歴史領域】歴史学[前近代]ゼミ、歴史学[近現代]ゼミ
  • 神谷 雛

「沖縄」を広く・深く学び、発信する!

社会文化学科は、「沖縄」というフィールドを、考古学・歴史学・民俗学・人類学・社会学・平和学の視点から総合的に学ぶことのできる学科です。1年次には各分野の基礎を学び、2年次・3年次に進級する際に、各自が関心をもつ領域・演習(ゼミ)を選択します。私は、沖縄社会の現状に関心をもち、社会学ゼミを選択しました。社会学ゼミに限ず、社会文化学科の各ゼミでは、3年次にフィールドワーク(現地調査)を実施し、文献だけでなく、現場を歩いて情報を入手し、現場から考えることの大切さを学んでいます。私は、ゼミ活動以外でも、新入生を対象とした研修・「メンバーシップ・トレーニング」(MT)で学生スタッフを務め、社会文化学科の学生のみで構成されるガイドサークル「スマイライフ」(SmiLife)でも、部長として平和ガイドに従事してきました。社会文化学科は、沖縄を知り、県外・海外へアピールすることに関心をもつ学生にとって、最適の学科だと思います。

社会文化学科 4年次 美里高校出身

神谷 雛 [ かみや ひな ]

社会文化学科からのお知らせ

TOP