ETロボコン2016沖縄地区大会において「チーム:沖国産情OdO」がIPA賞(特別賞)を受賞しました!

 ETロボコンは、組込みシステム開発分野における、分析・設計モデリングと、若手および初級エンジニア向けにモノ作りの楽しさを経験する教育機会を提供するソフトウェア重視の教育ロボコンです。産業情報学科ではシステム開発におけるモデル作成、ならびにプログラミングスキルの向上を目的とし、2012年の大会から3年次を中心に出場しています。
 競技で使用する走行体(ロボット)は市販キット(レゴマインドストームEV3)を使用しており、指定されたコースと課題を速く正確に走行するシステムを開発する必要があります。開発にあたってはUML等で記述されたシステムの分析・設計モデルを提出し、この分析・設計モデルの内容審査と走行競技結果が総合評価となり、最終的な順位になります。
競技はデベロッパー部門(プライマリークラス,アドバンスクラス)とイノベーター部門があり、沖国産情OdOチームはデベロッパー部門プライマリークラスに出場しました。プライマリークラスは11チームが参加しており、結果は惜しくも入賞を逃しましたが、審査員からモデルベース設計を用いた信頼性、安全性に対する特筆すべきチャレンジがあったと認められIPA賞(特別賞)を頂きました。

ETロボコン2017の様子

 参加メンバーは「後輩には頑張って欲しい」「次回こそは優勝して欲しい」とのことから、後輩への引継ぎと指導を引き受けるとのことです。参加メンバー、ならびに次年度の参加予定メンバーの今後の活躍が期待できます。
ETロボコン2017受賞

関連リンク:
・ETロボコン公式サイト http://www.etrobo.jp/2017/
・IT津梁まつり公式サイト http://www.it-matsuri.net/