産業情報学科の学生が商標登録を出願し登録されました!

 産業情報学部提供科目「企業と産業財産権」(担当:有賀俊二先生)では企業で知的財産権担当として実践できる実務的な講座を行っており、学生に商標・特許の調査を行って商標出願を実践させています。
 その講義の成果として、本学科の玉那覇恵都さんが特許庁に商標を出願し、無事商標が登録されました。登録を行った玉那覇さんは「ここまで順調に登録が進むとは思わなかった。指導していただいた有賀先生のおかげです。」とその喜びを述べ、有賀先生は「類似名称を避け出願が順調に登録されることは難しく、在学中に成功するのは県内では初めてのことではないか」と高く評価しています。

受賞写真

 このように本学科ではIT産業社会に必要な知識を実践的な情報化教育を通して学生に学ばせ、情報化産業の振興を担える人材を養成しています。