又吉光邦

組合せ最適化理論と琉球研究のチャンプルー研究者

久米島(photo by Mitsukuni)

又吉光邦 

 ここでは、私(又吉光邦)について、いろいろと語りたいと思います。。。

生まれ・育ち

又吉光邦と石垣島  生まれも育ちも沖縄です。青い海と青い空が大好きです。シリコンバレーの青い空(Blue Sky)も大好きです。海外で住みたいと思ったのは、シリコンバレーだけです。今のところ。 小さい頃(3歳ぐらいまで)は、与那城・屋慶名で過ごしています。おばーちゃん子でした。祖母の母(カマダおばー)は、針突(沖縄の文身)が手の甲にありました。 あ・私には、針突はないです。。。

 さて、この丘は、石垣島の最北の地点の小高い丘の上です。足を踏み外すと、ヤバイです。ちょうど別方向から上ってきた方々に写真を撮ってもらいました。 凄くいい景色で、バックに人工物がなにもないのが、たまらなくいいです。

私の中にある工房

シリコン単結晶体と紅型  私の中にある工房は、大きく二つあります。
 1つは、組合せ最適化理論というコンピュータサイエンスの一分野です。 もう1つは、琉球研究です。主に紅型(形付)を中心にして研究をしています。
組合せ最適化理論では、ヒューリスティックな解法をプログラミングで実現します。そして、組合せ数が膨大になるような問題のなかから 最適な解(ほとんどは、良解)を見つけることをしています。
 左の写真の黒っぽい、鉛筆の芯のようなものは、シリコン単結晶体です。シリコンバレーのインテル本社にある博物館で撮影しました。
 一方、紅型(形付)の研究では、紅型にまつわる様々なことを研究しています。衣装のデザイン法や、型紙の分類、「唐尺」との関係、琉球王朝時代の辞令書との関係などなど。 たくさんやることがありすぎて、ちょっと、2008年は、へたばっています。  シリコン単結晶体の隣には、紅型衣装の模様部分の拡大図を示しています。

工房のまわり(ゼミ)

あやの&そのこ 工房のまわりにはいろいろなキャラクターのゼミの学生がいます。

ゼミのモットーは、「自律」です。

Copyright (C) 又吉光邦(産業情報学科)