現在地:  ホーム > ニュース・トピックス

ニュース・トピックス

総合文化学部・澤田佳世教授が「第9回女性史学賞」を受賞

このたび、本学総合文化学部社会文化学科の澤田佳世教授が2014年2月に出版した著書『戦後沖縄の生殖をめぐるポリティクス−米軍統治下の出生力転換と女たちの交渉−』「第9回女性史学賞」を受賞しました。

女性史学賞は、より一層の女性史学研究、ジェンダー史研究の発達と研究者の輩出を支援するために2005年に創設された賞です。毎年、ジェンダー史の研究者や関連の出版社から候補作を推薦し、歴史学をはじめ、文学・社会学・文化人類学・美術史学など広い範囲から、ジェンダー的視点をもつインパクトのある研究を選考しています。

『戦後沖縄の生殖をめぐるポリティクス−米軍統治下の出生力転換と女たちの交渉−』は、博士論文『戦後沖縄の出生力転換と女たちの交渉-米軍統治と生殖をめぐるジェンダー・ポリティクス』 (津田塾大学, 2012年) を加筆・修正したもので、綿密な調査のもと、戦争の傷跡や、強固な父系継承主義、米軍統治など、「日本」とは異なる生殖の戦後史を歩んできた沖縄社会を描きだした著書です。

今回の受賞に対して澤田教授は「栄えある賞の受賞に、嬉しい驚きとともに、心引き締まる思いを強くしています。これまでご指導・ご助言くださった先生方や、調査研究に温かくご協力くださった沖縄の方々・女性たちに、感謝の思いでいっぱいです。」と謝辞を寄せました。 

今回の受賞による講演会および授賞式が、2015年1月11日(日)13時半より京都テルサ(京都市)で行われます。

------------------------------------------------------

澤田 佳世(さわだ かよ)
所属職名:沖縄国際大学総合文化学部教授(社会文化学科)
主要学歴:東京女子大学大学院現代文化研究科修士課程修了。
オーストラリア国立大学大学院人口学・社会科学研究科修士課程修了。
津田塾大学大学院国際関係学研究科後期博士課程単位取得退学。
国際関係学博士号取得。
日本学術振興会特別研究員PD(お茶の水女子大学ジェンダー研究センター)を経て現職。
専門分野:人口社会学、家族社会学、ジェンダー研究


2014年12月15日
総務部広報企画課

 

※沖縄国際大学の在学生、教職員の皆さまへ
総務部広報企画課では、皆さまから大学内のニュース・トピックス、その他イベント情報の提供をお待ちしております。ぜひ情報をお寄せください。

[ ←ニュース・トピックス一覧 ]

受験生向けトピックス

  • オープンキャンパス日程案内
  • 入試要項 資料請求
  • 大学案内・大学院案内パンフレット閲覧

沖縄国際大学の取組み

  • 公表情報一覧〜大学の基礎的情報等に関する情報公開〜
  • 教員免許状更新講習〜夢を育む教員の皆さまをサポートします〜
  • 沖縄国際大学のFD活動〜組織的な教育・研究活動の改善・支援
  • 環境への取組 省エネルギー、廃棄物の削減・リサイクル、節水
  • 心理相談室〜専門家があなたの悩みを共に考えます〜
  • 福祉・ボランティア支援室

ページの先頭へ戻る