現在地:  ホーム > ニュース・トピックス

ニュース・トピックス

「普天間基地から沖縄を考える集い」を開催致しました

2015年8月13日午後2時より、「普天間基地から沖縄を考える集い」を開催致しました。

2004年8月13日に起きた、米軍ヘリ墜落事件から今年で11年目を迎えました。
事件を風化させないため、また沖縄を考え、世界へ平和を発信するために本学では「普天間基地から沖縄を考える集い」を毎年開催しています。

 

第一部の本学ポケットパーク(ヘリ墜落現場モニュメント)前で行われた集いには約180名の参加がありました。集いでは狩俣恵一副学長による集いの趣旨説明のあと、大城保理事長・学長より普天間飛行場の撤去・返還を求める旨の声明が発表されました。また、学生を代表して産業情報学部企業システム学科3年次の板良敷彩さん(首里高校出身)と産業情報学部産業情報学科3年次の高宮城允さん(具志川高校出身)の2名による意見発表が行われました。

学長声明(PDFファイルにて閲覧できます)

学生による意見発表(PDFファイルにて閲覧できます)