文字サイズ

学生支援室

支援を希望される方へ

学生支援室は、誰もが大学生活を快適に過ごすことができるよう、障害のある学生への修学支援や相談の窓口となっています。

まずは、授業を受ける中で皆さんが困っていること、悩んでいることを話すことから始めましょう。

支援を受けるには


≪支援までの流れ≫ ※クリックすると画像が表示されます。

支援の内容・種類

1.相談対応
障害のある学生や、修学上の困難がある学生のあらゆる相談を、受け付けます。


2.修学支援
学生支援室では障害のある学生へ次のような支援を行っています。

≪具体的な支援の例≫

聴覚
・ノートテイカーの配置調整

・支援機器の貸出(タブレットやFMマイク等)

・授業時に使用する音声教材(DVD/CD等)の文字おこし
(※希望される方は、授業担当教員までご相談下さい。)

身体
・代筆サポーターの配置調整

・キャンパス内の環境整備
(教室の座席や危険個所等、学内設備の改善)

・介助者による学生生活の一部介助(排泄介助)

視覚
・レジュメ等の点訳・拡大・音声変換・墨字等

・歩行介助

・試験問題・答案の点字翻訳等

※視覚障害学生へのサポートについては、対面朗読室と連携して行います。

発達・精神/内部障害

・授業における配慮の相談

・精神面や生活面の相談

・障害の特性の理解や受容に関する相談

※学生生活に関する支援については、キャンパス相談室や健康相談室と連携して行います。


3.学生生活支援
その他、学内の様々な関係部署と連携して学生生活を支えます。

〇キャンパス相談室
専門のカウンセラー(公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士)が、大学生活における様々な相談に応じます。

・対人関係全般の相談

・ハラスメント・メンタルヘルスに関する悩み 等

【こちらをクリック】


〇健康相談室
定期健康診断の実施や健康管理のための指導・助言と、ケガや体調不良に対する応急処置を行います。

【こちらをクリック】

〇対面朗読室
教材・参考資料の点訳や、歩行介助等、視覚障害学生の大学生活を支援します。
 
【こちらをクリック】

4.キャリア形成・就職支援
キャリア支援課等と連携して行います。

【こちらをクリック】

利用学生の声

聴覚障害を持っている学生はほとんどが視覚からの情報を頼りにしています。私たちが普段受けている講義にノートテイカーをつけることで先生の発言や学生達の発言が視覚化されることにより場の雰囲気や重要なことを読み取ることができます。専門用語が多い授業でもその専門の分野のノートテイカーがつくこともあるので聴覚障害を持っている学生にとっては安心できる存在となっています。また、お互いに交流することにより知ることができなかった世界を発見できる機会にもなり得ると思います。

(人間福祉学科3年)


私はろう学校の幼稚部を卒業後、高校まで普通学校に通学していました。それまでの授業の受け方は、口話の読み取り、先生方の配慮、友人からの助けを得て過ごしていました。大学に入ってから情報保障の支援を初めて受け、授業内容が分かることの楽しさに気付き感動しました。口話では集中力が途切れたり口が読み取れなかったりするため講義のすべてを把握することが出来ないので、とても助かっています。また、テイカーさんとの授業以外での交流も増え、仲良くなることができたのがとても嬉しいです。
  
(人間福祉学科3年)

申請様式(学生支援申請書・配慮事項変更願書)

学生支援申請書

配慮事項変更願書