文字サイズ

イベント情報

【南島研】第211回シマ研究会「組踊における人間関係と待遇表現」を開催します。

南島研


南島文化研究所では、第211回シマ研究会「組踊における人間関係と待遇表現」を開催します。




■報告者
西岡 敏(南島文化研究所 副所長)

■コメンテーター 
鈴木 耕太(沖縄県立芸術大学 附属研究所 講師)

■司会
下地 賀代子(南島文化研究所 所員)

■報告概要
組踊のセリフや歌で用いられている言語は「沖縄語」の一つである。「沖縄語」は、琉球列島における六つの危機言語のうちの一つであり、近世琉球の言語表現である「組踊語」は、現代の「沖縄語(うちなーぐち)」とも深いつながりを持っている。「琉歌」の表現と同じく、韻文によって沖縄語独特の文語的な世界を構築しているが、セリフによって物語が進行していくので、言語表現にも登場人物の人間関係が反映された形を見ることができる。今回のシマ研究会では、組踊のセリフにおいて話の相手や第三者がどう扱われているか、すなわち、その「待遇表現」に注目して、組踊で用いられている言語表現について考察していきたい。

■日時:2019年12月23日(月)16:20~17:50

■場所:沖縄国際大学13号館1階会議室

※ 入場無料・事前申込不要
※ 聴覚障害等のある方で、情報保障の必要な方は、3週間前までに、下記の連絡先までお問い合わせください。

■問い合わせ先:
沖縄国際大学 南島文化研究所
098-893-7967 nanchr@okiu.ac.jp

■主催 沖縄国際大学総合研究機構 南島文化研究所

チラシのダウンロードはこちらから