文字サイズ

金城 敬太(KINJO,Keita)

所属: 経済学部 経済学科

職階: 准教授
担当科目:  数学Ⅰ・Ⅱ、統計学Ⅰ・Ⅱ、経済数学Ⅰ・Ⅱ、
      経済統計Ⅰ・Ⅱ、経済情報処理Ⅰ・Ⅱ、
      社会生活研究課題Ⅰ


プロフィール
主要学歴慶應義塾大学環境情報学部 2005 年卒業
慶應義塾大学大学院政策メディア研究科 2007 年修了
総合研究大学院大学複合科学研究科情報学専攻(国立情報学研究所)2010 年博士課程修了
学位博士(情報学)
研究分野統計科学、知能情報学、マーケティング・サイエンス
所属学会・協会等人工知能学会, 日本マーケティング学会, 沖縄経済学会
主要な社会的活動株式会社JMR生活総合研究所(2007 年~2010 年)
E-mail・ホームページ等keita.kinjo@okiu.ac.jp
http://researchmap.jp/kinjo/

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
2013 年 4 月~1..教育活動・方法の実践例

沖縄国際大学『数学Ⅰ・Ⅱ』
2013 年 4 月~沖縄国際大学『統計学Ⅰ・Ⅱ』
2013 年 4 月~沖縄国際大学『経済数学Ⅰ・Ⅱ』
2013 年 4 月~沖縄国際大学『経済統計Ⅰ・Ⅱ』
2013 年 4 月~沖縄国際大学『経済情報処理Ⅰ・Ⅱ』
2013 年 4 月~2014 年 3 月沖縄国際大学『パソコン統計処理ゼミ』
2011 年 4 月~2012 年 3 月東京理科大学『プログラミング基礎論』
2009 年 6 月統計数理研究所『マーケティングのためのデータ分析』
2014 年 4 月2.作成した教科書、教材、参考書

金城敬太,:第 6 章 消費でみる沖縄の世代,沖縄国際大学経済学科『沖縄経済入門』,東洋企画
2013 年 4 月 - 2015 年 3 月3.そのほか

競争的資金獲得等
事例ベース意思決定の拡張による消費者モデリングとその応用
日本学術振興会: 平成 25 年度 科学研究費 若手研究(B)
(代表者: 金城 敬太)
2012 年 4 月 - 2015 年 3 月ルールアブダクションとアナロジーによるスキル創造支援
日本学術振興会: 平成 24 年度 科学研究費
(代表者: 古川康一)
2011 年 4 月 - 2012 年 3 月動的構造モデリングによる意識構造の変化とその分析
東京理科大学: 東京理科大学 特定研究助成金
(代表者: 金城 敬太)

研究活動等(著書・論文等)

1.金城 敬太、尾崎知伸、古川康一、原口誠,アナロジーを組み込んだルール発想推論によるスキル獲得支援,人工知能学会論文誌,29(1),pp.188-193,2014
2.金城敬太、東邦仁虎、”製品関与度別のモバイル・アプリケーション選択構造”, モバイル 13 研究論文集pp.39-43,2013
3.Keita Kinjo, Ebina Takeshi, A Pricing Strategy with Consumption Externality when the Reference Groupis Large, The Review of Socionetwork Strategies, 7(1),pp.1-13,Springer,2013
4.金城敬太、海老名剛," 消費の外部性を考慮した書籍市場の分析-階層ベイズモデリングと市場シミュレーション "日本知能情報ファジィ学会誌, 25(2),pp.690-700,2013
5.Keita Kinjo, Ebina Takeshi,”Estimation of the demand function and calculation of optimal prices taking externalities into consideration”, Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems,IOS press, pp.2090-2098,2012,(16th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems)
6.金城敬太、東邦仁虎、工藤秀雄”スマートフォン移行に伴うユーザーの要求機能、利用コンテンツの変化: iPhone,アンドロイド、フィーチャーフォンのユーザー調査を通じて”,pp.53-57,モバイル学会誌,2012.
7.金城敬太、松本行真,” 東日本大震災の調査をもとにした避難行動についての個人や社会からの影響の分析”,日本都市学会研究年報,2012
8.金城敬太、松本行真,”観光地に対するイメージのネットワークの形成とその影響”, 東北都市学会研究年報 ,Vol.11,2012
9.金城敬太,”自動区分コウホート分析を用いた世代構造の分析-消費でみる沖縄の世代”,経済と社会 ,沖縄経済学会,Vol.27,No.1,2011
10.金城敬太、相澤彰子、尾崎知伸,"調査データに基づく社会構造変化の抽出",人工知能学会論文誌, Vol.25,No.3,pp.452-463,2010
11.金城敬太、相澤彰子、小林哲郎,"商品および商品についての情報源に対する信頼の統計的ネットワークモデル",経営行動科学会誌, Vol.23,No.1,pp.37-51,2010
12.金城敬太、相澤彰子、古川康一,"帰納推論による時系列データからの関係構造の抽出"日本知能情報ファジィ学会誌, Vol.21 No.4, 8 月号,pp.587-597,2009.

【国際会議(査読あり)】
1. Masamichi Yoshioka,Noriko Noguchi,Keita Kinjo,Satoshi Suehara,”Account of Others Comprehensive income
as business results;questionaire research studies on comprehensive incomes in 2011”,The Japanese
Association of Management Accounting,2011.
2. Keita Kinjo、Aizawa Akiko,"Change Detection in Structured Data Using Inductive Logic Programming",Proc.
of Joint Meeting of 4th World Conference of the IASC and 6th Conference of the Asian Regional Section of
the IASCon Computational Statistics & Data Analysis (IASC2008), pp.880-887 ,2008.12.
3. Keita Kinjo、Sawai Keigo、FurukawaKoichi,"Time series data mining using local modeling and temporal
interval logic",International Symposium on Skill Science (ISSS07),2007,tokyo
4. Furukawa Koichi,Saori Yoshinaga,Keigo Sawai, Satoshi Shimizu,Keita Kinjo,"MOVEMENT IN CELLO PLAYING
BY WHIP MOTION",Joint 2005 Proceedings of the 3rd European Medical and Biological Engineering Conference
(EMBEC05) ,2005

【国内発表・海外発表】
1.金城敬太、尾崎知伸、古川康一,消費者の事例ベース意志決定における重要属性の発見-アブダクションの応用,
第 2 回マーケティングカンファレンス 2013(日本マーケティング学会), 2013 年 11 月
(その他 11本.略)

【主要著書】
1.金城敬太,:第6章 消費でみる沖縄の世代, 沖縄国際大学経済学科編『沖縄経済入門』,東洋企画,2014 年 4 月(共著)
2.金城敬太,5 章 7 節”テスト計画とバリデーション”,9 節” システム開発プロジェクト管理”, 大場允晶・藤川裕晃編『経営情報とビジネスプロセス管理』,創成社 2012 年 5 月(共著)

【翻訳】
1.金城敬太,モバイル・アプリケーション市場の現状-モバイルアプリケーション購入におけるレビューの影響,
東邦仁虎編『スマホ時代のモバイル・ビジネスとプラットフォーム戦略』,創成社 ,2013 年 11 月 (共訳)