文字サイズ

樋口 美智子(HIGUCHI, Michiko)

所属: 総合文化学部 人間福祉学科

職階: 准教授
担当科目: 医療福祉論、相談援助演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、
      相談援助実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、相談援助実習、
      専門演習a・b、専門演習c・d、
      保健医療政策特論(大学院)

プロフィール
主要学歴日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻修士課程修了
学位修士(社会学)
研究分野保健医療分野におけるソーシャルワーク、医療福祉論
所属学会・協会等日本社会福祉学会、日本医療マネジメント学会、日本医療社会福祉協会、
日本社会福祉士会等
主要な社会的活動
  • 一般社団法人沖縄県医療ソーシャルワーカー協会理事(2012~現在)
  • 認定社会福祉士制度スーパーバイザー(2014年4月1日~2023年3月31日)
  • 日本医療社会福祉協会社会活動部・ハンセン病患者等の支援活動チーム員(2015~現在)
  • ハート相談センター(ハンセン病元患者支援相談センター)相談員・地域担当者(2012~現在)
  • 沖縄県がん対策推進協議会委員(2018年12月11日~2020年12月10日)
  • 沖縄県がん診療連携協議会 情報提供・相談支援部会委員(~2021年3月31日)
  • 沖縄県地域包括ケアシステム推進会議 在宅医療介護連携部会委員(2019年4月~2020年3月31日)
  • 沖縄県入退院支援連携デザイン事業 「基本的な心得」編集・普及啓発会議委員(2019~現在)
  • 沖縄県日常生活自立支援事業契約締結審査会委員(2020年6月~2021年3月31日)
  • 那覇市介護認定審査会委員(2007~現在) 
  • 沖縄県内某病院評議員(2018~現在)
E-mailm.higuchi@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
1999年10月~2018年09月沖縄国際大学人間福祉学科 非常勤講師
「医療福祉論」
対象学生:2・3・4年次、授業形態:講義、教育課程区分:専門教育科目(選択科目)、単位数:2単位、授業回数:16回、授業登録者数:10人~30人、保健医療分野におけるソーシャルワークの価値・倫理や理論について、現場・臨床における実践と整合性をもって理解できるよう、毎回病院におけるソーシャルワーク実践を紹介し、他科目で学習した理論や技術、制度等が、どのように実践の中で活かされているかを学ぶことができるようにした。学生の希望に応じて、病院見学や職能団体主催の研修会等への参加を奨励することで、現場の課題に気づき、生涯学習の必要性について理解を深めることができた。
2019年09月~現在医療福祉論対象学生:2・3・4年次、授業形態:講義、対面授業では資料を中心とした解説、遠隔授業ではTeamsによりパワーポイントでの講義と資料を活用、出席確認を兼ねてフォームズでのリアクションペーパー記入、課題はフォームズやポータルのレポートを活用している。教育課程区分:専門教育科目(選択科目)、単位数:2単位、授業回数:16回、授業登録者数:80人、保健医療分野におけるソーシャルワークの価値・倫理や理論について、現場・臨床における実践と整合性をもって理解できるよう、毎回病院におけるソーシャルワーク実践を紹介し、他科目で学習した理論や技術、制度等が、どのように実践の中で活かされているかを学ぶことができるようにしている。課題では、関連する学会や専門職団体が提供している動画配信の閲覧等を活用することで、より専門職の協働・連携や保健医療分野におけるソーシャルワークの役割や位置づけを理解し易くすることができた。
2019年04月~現在相談援助演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ対象学生:2・3年次、授業形態:講義・演習、対面授業では資料を中心とした講義とグループスタディ、遠隔授業ではTeamsによりパワーポイントでの講義と資料を活用、チャネルでグループスタディを行っている。課題はポータルのレポートを活用している。教育課程区分:専門教育科目(選択科目)、単位数:2単位、授業回数:16回、授業登録者数:15人~20人、毎回、ソーシャルワークについてのこれまでの学びを振り返り、実習等これからの学びについての説明とともに、科目の位置づけを確認している。他科目で学習した理論や技術、制度等と関連させ、ソーシャルワーカーに求められる相談援助に関する知識と技術を実践的に学ぶことができるように、個人ワーク、グループ討議、気づきの共有、ビデオ教材、ロールプレイ等の方法やツールを活用している。
2019年04月~現在相談援助実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ対象学生:2・3年次、授業形態:講義・演習、対面授業では資料を中心とした講義とグループスタディ、遠隔授業ではTeamsによりパワーポイントでの講義と資料を活用、チャネルでグループスタディを行っている。課題はポータルのレポートを活用している。教育課程区分:専門教育科目(選択科目)、単位数:2単位、授業回数:16回、授業登録者数:15人~20人、毎回、ジェネリックなソーシャルワークの学びを振り返り、実習等これからの学びについての説明とともに、スペシフィックなソーシャルワークの経験に必要な知識や技術、制度等を、体験実習・事前学習により指導している。事前学習では、「先輩の話を聞く会」等により、学生の不安の軽減や実習に取り組むモチベーションの強化が得られた。事後学習では、実習報告会や演習Ⅳと関連させ、ジェネリックなソーシャルワークの理解を深めている。指導Ⅱでは、4年次との合同ゼミを行う等して、交流と実習への不安軽減や具体的な疑問への対応を行っている。
2019年04月~現在相談援助実習対象学生:3年次、授業形態:実習指導、集中型と分散型が混在したため、巡回指導と対面・Teamsによる帰校日指導を行った。教育課程区分:専門教育科目(選択科目)、単位数:6単位、授業回数:週1回の実習指導、授業登録者数:15人~20人。COVID-19感染拡大による実習先の調整、分散型実習学生の実習日程の調整等を行うことにより、実習時間確保の見通しを立てた。Teamsによる帰校日指導は、学生の移動の負担を軽減することができた。また1週間の振り返りを各自がチャットに入力することで、共有内容や課題を後日でも閲覧することができた。
2019年04月~現在専門演習a・b対象学生:2年次、授業形態:講義・演習、対面授業では資料を中心とした講義とグループスタディ、遠隔授業ではTeamsによりパワーポイントでの講義と資料を活用、チャネルでグループスタディを行っている。課題はポータルのレポートを活用している。教育課程区分:専門教育科目(専門基礎必修科目)、単位数:2単位、授業回数:16回、授業登録者数:15人、相談援助を必要とする人々、特に病気や障がいを抱えながら生活する人々や、その生活問題を理解、また、当事者・利用者である人々をサポートする方法(ピアサポート等)を学ぶことにより、ソーシャルワークにおけるエンパワメントの理解を深めている。当事者・利用者の声を、文献・闘病記やDVD、また実際に患者会に参加する等して学ぶことが出来た。訪問インタヴューが実施できない場合は、ZOOMによるインタヴューを行っている。3年次との合同ゼミを行う等して、交流と学生生活の不安や課題研究に対する疑問への対応を行っている。
2020年04月~現在専門演習c・d対象学生:3年次、授業形態:講義・演習、対面授業では資料を中心とした講義とグループスタディ、遠隔授業ではTeamsによりパワーポイントでの講義と資料を活用、チャネルでグループスタディを行っている。課題はポータルのレポートを活用している。教育課程区分:専門教育科目(専門基礎必修科目)、単位数:2単位、授業回数:16回、授業登録者数:15人、研究方法の基礎的理解を講義を中心に行い、各自の課題研究テーマに関する文献研究として、読書ノート・先行研究一覧の作成を指導している。訪問インタヴューが実施できない場合は、ZOOMによるインタヴューを行っている。2年次との合同ゼミを行う等して、交流と学生生活の不安や課題研究に対する疑問への対応を行っている。
2020年04月~現在保健医療政策特論(大学院)対象学生:1・2年次、授業形態:講義、遠隔授業ではTeamsによりパワーポイントでの講義と資料を活用している。教育課程区分:社会福祉学領域(選択科目)、単位数:2単位、授業回数:16回、授業登録者数:2人、保健医療政策に関する資料、保健医療分野におけるソーシャルワークに関する文献や先行研究論文等の精読を中心に講義を展開している。特に各学生の修士論文の分野に関連する論文を取り上げ、各自の問いの拡がりや深まりに資することに配慮している。実践上の疑問や漠然としたテーマが、ライフワークに繋がるよう、現場で実践しながら研究に取り組む専門職としての交流を活用する等して、研究の着想を育てている。
【作成した教科書、教材など等】
2018年3月「第4項 受診・受療援助(第6章保健医療分野で機能する医療ソーシャルワーカー 第5節 医療ソーシャルワーカーの主な業務)」『MINERVA社会福祉士養成テキストブック15 保健医療サービス(第3版)』、岩田正美・大橋謙策・白澤政和監修、小山秀夫・笹岡眞弓・堀越由紀子編著、ミネルヴァ書房、2018年3月、p163~167(分担執筆)
【学外での教育活動等】
2003年度~2018年度日本福祉大学中央福祉専門学校
社会福祉士科(通信教育課程)
非常勤講師:相談援助実習 巡回指導
2016年度~現在沖縄県医療ソーシャルワーカー協会
初任者研修
講義・演題:「医療制度改革の変遷とMSW業務~社会背景を学び、より広い視野で業務を理解し実践につなげる~」
2016年10月~2017年03月沖縄県社会福祉士会
スーパービジョン
認定社会福祉士認証・認定機構:経過措置期間のスーパーバイザー
2015年04月18日 那覇市第50回沖縄がん心のケア研究会講演:がん医療に携わる職種の専門性と役割等を理解し、チーム医療を促進する
演題:「”からだ・こころ・くらし”を支えるソーシャルワーカーになるために」
2017年06月10日 那覇市一般社団法人沖縄県精神保健福祉士協会社員総会講演:精神障害者の入退院システムの構築
演題:「平成28年度沖縄県入退院支援連携デザイン事業について」
2017年08月03日 那覇市平成29年度沖縄県主任介護支援専門員研修講義・演習:地域において医療との連携や多職種協働が進むよう、他の介護支援専門員や多職種に対する働きかけ、連携・協働の仕組みづくりに必要な知識・技術を研修する
演題:「⑦ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の実現」
2017年10月09日 西原町日本コンチネンス協会
第3回沖縄県支部コンチネンス初級セミナー
講義・演習:ソーシャルサポートの概念を理解し、コンチンネンスケアに関わる専門職が基本的に知っておくと良い社会資源を学ぶ
演題:「排泄問題における社会資源の活用」
2017年10月21日 大分県平成29年度 大分県在宅医療推進フォーラムシンポジウム:大分県でできる!在宅医療・介護
演題:「平成28年度沖縄県入退院支援連携デザイン事業~多職種協働により期待される効果と課題~」
2017年11月15・16日 那覇市・沖縄市平成29年度 手話通訳者養成講座(手話通訳Ⅰ)講義:ソーシャルサポートの概念を理解し、手話通訳者が基本的に知っておくと良い社会資源を学ぶ
演題:「ソーシャルワーク概論」
2017年11月18日 東京都2017年度 医療ソーシャルワーカーの地域活動セミナー~在宅医療介護連携推進事業から~シンポジウム:実践報告「医療ソーシャルワーカーの地域活動」
演題:「沖縄県入退院支援連携デザイン事業~多職種協働により期待される効果と課題~」
2017年12月28日 那覇市平成29年度沖縄県介護支援専門員実務研修(前期)講義・演習:地域において医療との連携や多職種協働が進むよう、他の介護支援専門員や多職種に対する働きかけ、連携・協働の仕組みづくりに必要な知識・技術を研修する
演題:「⑩ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の意義」
2018年01月11日 浦添市浦添総合病院全職員対象研修講演:在宅医療・介護連携推進事業について
演題:「沖縄県入退院支援連携デザイン事業 ガイドラインの活用について~多職種協働による質の高い入退院支援を目指して~」
2018年02月04日 浦添市南部地区歯科医師会市民フォーラム講演:私の介護、一歩前へ ~生きると食べるを支えたい~
演題:「からだ・こころ・くらしを支えるために~多職種協働による質の高い入退院支援を目指して~」
2018年02月10日 大分県平成29年度第6回九州・沖縄ブロック地域相談支援フォーラムin大分講演:各県のがんに関する情報提供・相談支援の取り組み報告
演題:「沖縄県相談支援部会の取り組み」
2018年02月15日 嘉手納町嘉手納町介護支援専門員連絡会講演:在宅医療・介護連携推進事業について
演題:「沖縄県入退院支援連携デザイン事業 ガイドラインの活用について~多職種協働による質の高い入退院支援を目指して~」
2018年02月26日 浦添市平成29年度第2回浦添市介護支援専門員連絡会浦添支部定例会講演:在宅医療・介護連携推進事業について
演題:「沖縄県入退院支援連携デザイン事業 ガイドラインの活用について~多職種協働による質の高い入退院支援を目指して~」
2018年05月20日 名護市第14回ハンセン病市民学会総会・交流集会 in 沖縄 みるく世向かてぃ~差別に屈しない~シンポジウム:【分科会 B】「退所者のからだ・こころ・くらしを支援する仕組み作り
~個別支援の現状から、新たな支援体制を模索する~」
演題:「一人一人の想いを聴き寄り添うことから始まる相談支援」
2018年06月07日 那覇市那覇市医師会大症例会講演:在宅医療・介護連携に係る専門職が事例を理解する際のアセスメントの枠組みを理解する
演題:「生活機能障害とソーシャルワーク」
2018年08月07日 南風原町沖縄県看護協会
緩和ケア認定看護師教育課程
講義:がん患者を取り巻く情勢を理解し、看護職として知っておきたい情報提供・相談支援の社会資源を学ぶ
演題:「がんの医療サービスと社会的資源」
2018年08月14日 那覇市平成30年度沖縄県主任介護支援専門員研修講義・演習:地域において医療との連携や多職種協働が進むよう、他の介護支援専門員や多職種に対する働きかけ、連携・協働の仕組みづくりに必要な知識・技術を研修する
演題:「⑦ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の実現」
2018年08月21日 豊見城市平成30年度在宅医療介護連携推進事業  
地域包括ケアを目的とした在宅医療介護連携推進のための多職種研修会
講演:入退院時の医療・介護連携のあり方について
演題:「入退院時の医療・介護連携について」
2018年09月04・05日 那覇市・沖縄市平成30年度 手話通訳者養成講座(手話通訳Ⅰ)講義:ソーシャルサポートの概念を理解し、手話通訳者が基本的に知っておくと良い社会資源を学ぶ
演題:「ソーシャルワーク概論」
2018年10月07日 西原町日本コンチネンス協会
第4回沖縄県支部コンチネンス初級セミナー
講義・演習:ソーシャルサポートの概念を理解し、コンチンネンスケアに関わる専門職が基本的に知っておくと良い社会資源を学ぶ
演題:「排泄問題における社会資源の活用~からだ・こころ・くらしを支える~事例にみる社会資源の活用」」
2018年11月23・24日 沖縄県第55回九州医療ソーシャルワーカー研修会大会テーマ:「ソーシャルワークの肝心~今こそMSWのポジショニングを考える~」
大会長:「第55回九州医療ソーシャルワーカー研修会おきなわ大会 沖縄県医療ソーシャルワーカー協会設立30周年にあたって」
2019年01月08日 那覇市平成30年度沖縄県介護支援専門員実務研修講義・演習:地域において医療との連携や多職種協働が進むよう、他の介護支援専門員や多職種に対する働きかけ、連携・協働の仕組みづくりに必要な知識・技術を研修する
演題:「⑩ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の意義」
2019年02月23日 宜野湾市第7回沖縄県ソーシャルワーク学会&社会福祉公開セミナー大会テーマ:「沖縄のソーシャルワーク過去・未来・そして現在(いま)」
大会長・トークセッションスピーカー:「沖縄におけるソーシャルワークのこれまでとこれから~平成から次代へのビジョン~」
2019年03月14日 糸満市平成30年度在宅医療介護連携推進事業  
地域包括ケアを目的とした在宅医療介護連携推進のための多職種研修会
講演:入退院時の医療・介護連携のあり方について
演題:「入退院時の医療・介護連携について」
2019年05月25日 熊本県2019年度一般社団法人熊本県医療ソーシャルワーカー協会総会・研修会講演・演題:「病院から”地域”へ これからのソーシャルワーカーへ求めるもの」
2019年07月~2020年03月沖縄県社会福祉士会スーパービジョン認定社会福祉士認証・認定機構:スーパーバイザー(病院・社会福祉士)
2019年09月05日 浦添市2019年度沖縄県慢性期医療協会SW部会研修講義・演習:事例検討会スーパーバイザー
事例提供者:大浜第二病院
2019年10月13日 西原町日本コンチネンス協会
第5回沖縄県支部コンチネンス初級セミナー
講義・演習:ソーシャルサポートの概念を理解し、コンチンネンスケアに関わる専門職が基本的に知っておくと良い社会資源を学ぶ
演題:「排泄問題における社会資源の活用~からだ・こころ・くらしを支える~事例にみる社会資源の活用」」
2019年10月18日 那覇市那覇市こども寄り添い支援(SSW)研修講義・演題:「保健医療分野におけるソーシャルワークについて」
2019年11月16日 浦添市2019年度 うらっしー市民公開講座講演・演題:「地域で取り組む入退院支援」

研究活動等(著書・論文等)

【著書・論文等】

  1. 「第4項 受診・受療援助(第6章保健医療分野で機能する医療ソーシャルワーカー 第5節 医療ソーシャルワーカーの主な業務)」、『MINERVA社会福祉士養成テキストブック15 保健医療サービス(第3版)』、小山・笹岡・堀越編著、ミネルヴァ書房、2018年3月、p163~167(分担執筆)
  2. 「MSWの地域活動-社会福祉専門職団体との協働-」、『医療ソーシャルワーカーの力 患者と歩む専門職』、日本医療ソーシャルワーク学会、村上・竹内編、医学書院、2012年7月、p83~86(分担執筆)
  3. 「Ⅱ施設・病院等から地域の暮らしへ 事例6 単身で精神・肢体・言語障害を持ち、透析導入によって頻回の入退院を繰り返していた男性が在宅サービスを活用し、在宅医療へ移行した事例」、『自分らしく生きるために身体障害者ケアマネジメント事例集』沖縄県社会福祉会、2008年8月、p31~39(分担執筆)
  4. 「沖縄県の医療社会事業の実態」、『PSWの眼』創刊号、沖縄県精神医学ソーシャルワーカー協会、1989年12月、p2~13(単著)
  5. 「沖縄県内の病院における医療社会事業実態調査報告書」、『医療と福祉』No.41,Vol.17-No.2、日本医療社会事業協会、1982年5月、p47~62(共著)
【その他・コラム・書評等】
  1. 「医療ソーシャルワーカー(MSW)が地域に出る意義・病院から地域へ MSWに求められていること(特集MSWの地域活動)」、『地域リハビリテーション』、11月号、第14巻、第5号、2019年11月、p314~319
  2. 「多職種協働で進める入退院支援への取り組みで医療ソーシャルワーカーの支援の質や患者さんの満足度が向上(特集 入退院支援における医療ソーシャルワーカーの役割)」、『地域包括新時代』No.9、(株)ジーエムジェイ、2019年6月、p8~9
  3. 「ICUに入室したら高額療養費制度などの社会資源を活用すべし(特集2 こんな時どうする?ICUケアの心得 第2弾)」、『ICNR(Intensive Care Nursing Review)』Vol.6 No.2、学研メディカル秀潤社、2019年5月、p61~64
  4. 「ハート相談センターの活動について 一人一人の想いを聴き寄り添うことから始まる相談支援」、『ふれあい福祉だより ハンセン病問題を正しく理解するために』、社会福祉法人ふれあい福祉協会、第16号、2019年5月、p92~95
  5. 「患者さんの「生活」を支援するために(連載 SOCIAL WORKER 第1回)」、『きらサポ 福祉人FUKUSHINCHU』春号 Vol.3、沖縄ケア交流会・(株)ラポール、2019年4月、p6~7
  6. 「病状以外の悩みは?ソーシャルワーカーに相談を」、沖縄タイムス(くらし相談室 医療)コラム連載、2019年4月15日
  7. 「家族と健康を考える 生活改善し健康維持」、琉球新報(論壇)、2018年8月17日
  8. 「がんの告知を受けた患者・家族の治療開始を支援する」、『MINERVA社会福祉士養成テキストブック15 保健医療サービス(第3版)』、小山・笹岡・堀越編著、ミネルヴァ書房、2018年3月、p165
  9. 「あなたに贈るこの1冊④ 川村隆彦著『支援者が成長するための50の原則 あなたの心と力を築く物語』中央法規」、『(公社)日本医療社会福祉協会ニュース』、NO.H28-1、2016年4月、p12
  10. 「医療ソーシャルワーカー(MSW)の役割~いのち・こころ・くらしを支える~」、『那覇市医師会報』春季号 第43巻 第2号、2015年4月、p62
2020年11月13日現在