文字サイズ

狩俣 恵一(KARIMATA, Keiichi)

所属: 総合文化学部 日本文化学科

職階: 教授
担当科目:演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、卒業論文
     南島言語文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ

プロフィール
主要学歴1982 年 3 月:國學院大學大學院文學研究科日本文學専攻
博士課程後期満期退学
学位博士(民俗学)
研究分野琉球文学、琉球芸能、民俗文学
所属学会・協会等奄美沖縄民間文芸学会・日本口承文藝学会・日本民俗芸能学会
アジア民族文化学会・沖縄藝能史研究会・沖縄民俗学会・沖縄文化協会
主要な社会的活動全国竹富島文化協会編集委員長(1966 年~)
宮古伝承文化研究センター副所長(2007 年~)
竹富町史編集委員(2015 年~)
E-mail・ホームページ等http://skillet.jp/user/densho/

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
教育活動・方法の実践例
4 月~8 月1)演習Ⅰ・Ⅲ・
2002 年度~、Ⅰ(前期)・Ⅱ(後期)は 3 年次、Ⅲ(前期)・Ⅳ(後期)は 4 年次、専門科目、2 単位、6 名~12名、3年次と4年次が一緒のゼミなので、相互の意見交換を中心にしている。地域の祭りや歌碑廻りの研修。
9 月~3 月 2)演習Ⅱ・Ⅳ
4 月~3 月3)卒業論文2002 年度~、4 年次、4 単位、6 名~12 名、多良間島八月踊り・伊江島村踊り・竹富島種子取祭・石垣島・久高島等の芸能及び伝統文化の視察・研修。
4~8 月、9~3 月4)南島言語文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ2002 年度~、Ⅰ(前期)・Ⅱ(後期)、大学院生、0~2名、修士論文指導(指導学生数 10 名、修士学位取得者数 8 名)、組踊役者・琉球舞踊家・歌三線奏者による実演及び解説。
5)論文審査 2010 年度~、修士論文審査数(主査 5 名、副査 8 名)
2010 年度~博士論文審査数(副査 4 名)
学生支援活動
オフィスアワーで、履修指導・奨学金活用などの指導、アルバイトの紹介など、学習支援や生活支援、キャリア支援など。
学外での教育活動
國學院大學・沖縄県立芸術大学の公開講座、ロータリークラブ、文化協会等各種団体、長寿大学等での講演。

研究活動等(著書・論文等)

主要論文
「乞食者詠と八重山のユングトゥ」(『万葉古代学研究所年報』第 8 号/財団法人奈良県万葉文化振興財団 万葉古代学研究所/2010 年)
「琉球の創世神話」(『古事記の起源を探る 創世神話』、2013 年、三弥井書店)
「口承文芸のジャンルと詞形の問題―ユングトゥを中心に―」(『アジア民族文化研究 11』、2013年)
「組踊の様式と精神性について」(『沖縄芸能史研究会会報』第 424 号、2014 年)

主要編著書
『八重山諸島竹富島小浜島の昔話』同朋舎出版/1984 年
『芸能の原風景』瑞木書房/1998 年
『南島歌謡の研究』瑞木書房/1999 年
『琉球の伝承文化を歩く2―西表・黒島・波照間の昔話―』三弥井書店/2003 年