文字サイズ

上原 靜(UEHARA, Shizuka)

所属: 総合文化学部 社会文化学科

職階: 教授
担当科目: 琉球・沖縄史入門(専門必修科目)
      領域演習(専門必修科目)
      演習Ⅰ(専門必修科目)
      演 習Ⅱ(専門必修科目)
      南島先史学Ⅰ・Ⅱ
      南島考古学Ⅰ・Ⅱ(専門選択科目)
      アジア考古学(専門選択科目)
      南島先史文化特殊研究Ⅰ・Ⅱ(専門必修科目)
      南島先史文化特論Ⅰ・Ⅱ(専門選択科目)
       文化財保存特論(専門選択科目)

プロフィール
主要学歴沖縄国際大学大学院地域文化研究科南島文化専攻修士課程修了
学位修士 1999 年
研究分野沖縄考古学、鋳造史研究、遊戯史研究、文化財保護行政史
所属学会・協会等沖縄考古学会、日本考古学会、日本貿易陶磁研究会、
中世瓦研究会、織豊期城郭研究会など
主要な社会的活動史跡浦添城跡整備委員会委員、中城城跡整備検討委員会委員
読谷村文化財保護委員、知念城跡整備委員会委員
勝連城跡整備委員会委員、今帰仁城跡整備委員会委員
フルストバル遺跡整備委員会、沖縄県文化財保護審議会専門委員など
E-mail・ホームページ等sizuka@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘 要
平成18年8月1.考古学基礎演習金武町池原遺跡発掘調査(1次) 24名参加
14日間の合宿と調査概報の作成指導。
平成19年8月金武町池原遺跡発掘調査(2次) 27名参加
14日間の合宿と調査概報の作成指導。
平成20年8月今帰仁村長根原遺跡発掘調査(1次) 27名参加 
14日間の合宿と調査概報の作成指導。
平成21年8月今帰仁村長根原遺跡発掘調査(2次) 22名参加
14日間の合宿と調査概報の作成指導。
平成22年8月今帰仁村長根原遺跡発掘調査(3次) 21名参加 
14日間の合宿と調査概報の作成指導。
平成23年8月国頭村カヤウチバンタ遺跡発掘調査(1次)
18名参加 14日間の合宿と概報作成指導。
平成24年8月国頭村カヤウチバンタ遺跡発掘調査(2次)
21名参加 14日間の合宿と概報作成指導。
平成25年8月国頭村カヤウチバンタ遺跡発掘調査(3次)
20名参加 14日間の合宿と概報作成指導。
平成26年8月国頭村カヤウチバンタ遺跡発掘調査(4次)
21名参加 14日間の合宿と概報作成指導。
平成27年8月今帰仁村西長浜原遺跡発掘調査
27名参加 14日間の合宿と概報作成指導。
平成28年8月宮古島市浦底遺跡発掘調査
20名参加 14日間の合宿と概報作成指導。
学生支援活動
平成22年6月1) キヤリア支援・インターシップ面接、社会人心得指導 学生数8名
平成23年6月面接、社会人心得指導 学生数8名
平成24年6月面接、社会人心得指導 学生数5名
平成28年6月面接、社会人心得指導 学生数2名
平成29年6月面接、社会人心得指導 学生数1名
平成23年4月2) 学会参加於:沖縄考古学会定例研究会  ゼミ学生による学会参加、レジメ作成・発表のサポート。内容:長根原遺跡発掘調査の概要報告
平成24年12月於:廣友研究会 ゼミ学生による参加、レジメ作成・発表のサポート。内容:鉄釘にについての報告
平成25年4月於:沖縄考古学会定例研究会  ゼミ学生による学会参加、レジメ作成・発表のサポート。内容:奄美の葬制、琉球の文具の2本報告
平成25年12月於:廣友研究会  ゼミ学生による学会参加、レジメ作成・発表のサポート。内容:古代近世の土木技術に関する報告 
平成28年11月於:平成28年鹿児島考古学会・沖縄考古学会合同考古学会。カヤウチバンタ遺跡調査概要報告(院生)
学外での教育活動
平成18年 8月1) 研修・セミナー講師おきなわ県民カレッジ主催講座講師 (平成18年8月19日)
平成19年11月学外講座:「ものが語る地域の歴史と文化」 主催:与那原町教育委員会
平成21年9月学外講座:「琉球王国の屋瓦とその歴史」 主催:与那原町教育委員会
平成22年9月学外講座:「ものが語る地域の歴史と文化」 主催:金武町立図書館
平成22年11月ギャラリートーク:「世界文化遺産になった沖縄の石積み」 主催:那覇市歴史博物館      
平成23年1月博物館文化講座:「近世窯業史の今」 主催:沖縄県立博物館・美術館
平成23年11月大学入門講座:「沖縄のグスクと建造物」 千葉県立木更津高校修学旅行生、本学にて講義
平成24年2月学外講座:「琉球王国の屋瓦とその歴史」 主催:金武町立図書館
平成25年8月学内公開講座:「文化財行政、世界遺産」主催:沖縄国際大学
平成26年11月沖縄歴史教育入門の出講 一般財団法人公共政策研究所
平成19年10月2)非常勤講師琉球大学非常勤 (平成20年3月31日まで)
平成22年9月琉球大学非常勤 (平成22年3月31日まで)
平成26年10月放送大学非常勤(第2学期開講「南島考古」平成26年10月1日~27年3月31日まで
平成26年12月東北学院大学非常勤 後期集中講義 (平成26年12月20 ~23日まで)
平成22年2月3)調査の指導講師石垣市教育委員会から指導依頼
石垣市野底地区の古墓群の調査指導
平成23年11月宜野湾市教育委員会から指導依頼
キャンプ瑞慶覧基地内文化財調査指導
平成24年1月南城市教育委員会から指導依頼
糸数城跡蔵屋敷跡発掘調査指導
平成24年2月浦添市教育委員会から指導依頼
牧港補給基地内文化財調査指導
平成24年2月今帰仁村教育委員会から指導依頼
シィナ城跡保存管理計画指導
平成24年2月北谷町教育委員会から指導依頼
伊礼原遺跡保存管理計画指導
平成24年2月恩納村教育委員会から指導依頼
山田グスク管理策定計画指導
平成24年3月石垣市教育委員会から指導依頼
フルストバル遺跡発掘調査指導
平成25年7月事前学習に役立つみんなの修学旅行の指導と監修 
小峰書店(オフィス303)
平成26年2月浦添市教育委員会から指導依頼
浦添城跡発掘調査指導
平成26年3月宜野湾市教育委員会から指導依頼
キャンプ瑞慶覧基地内文化財調査指導
平成28年11月史跡浦添城跡発掘調査の指導(助言等3月3日、木曜日) 沖永良部島世之主没後600年事業シンポジューム
平成29年6月普天間基地内調査指導 宜野湾市神山集落跡 主催:沖縄県立埋蔵文化財センター(13日)
平成29年6月読谷村喜名焼古窯跡整備基本計画策定 主催:読谷村立歴史民俗資料館(13日)
平成21年2月~平成23年2月4.論文審査沖縄国際大学地域文化研究科南島文化専攻
修論審査 副査
平成21年9月東京大学博士論文審査 副査
平成24年2月沖縄国際大学地域文化研究科南島文化専攻 修士論文審査 主査
平成26年2月沖縄国際大学地域文化研究科南島文化専攻 修士論文審査 主査
平成22年3月5.FD講習会への参加私立大学情報教育協会主催の研修。具体的にスライドやパワーポイントソフトを用いた資料作成、モデル授業をおこなう。

研究活動等(著書・論文等)

1 輝緑岩製石厨子にみる屋根瓦 『琉球・東アジアの人と文化』(上巻) 2000.6
2 沖縄諸島の高麗瓦について 『比較文化研究』 第7集1号 ソウル大学比較文化研究所 2001.6
3 沖縄諸島出土の大和系軒丸瓦について 『東北亞歴史の諸問題』洪鐘佖教授定年記念論叢 2001.8
4 沖縄諸島における中世考古学の現状と課題 『中世総合資料学の提唱』新人物往来社 2002.3
5 沖縄諸島における高麗瓦の系譜 『南島文化』 第 24 号 沖縄国際大学南島文化研究所 2002.3
6 グスク時代 『新県史』 沖縄県教育委員会 2003.3
7 沖縄諸島における考古学からみた遊戯史 『グスク文化を考える』 今帰仁村教育委員会 2004.3
8 八重山諸島の窯業史における屋瓦の特質『南島文化』第 27 号沖縄国際大学南島文化研究所 2004.3
9 琉球国と鋳銭 『出土銭貨からみた環シナ海と琉球史』 第 15 回研究大会料集 2008.11
10 沖縄諸島における中近世の鋳造技術と生産 『南島考古』 第 28 号 2009.5
11 琉球砥石考 『南島考古』 第 29 号 2010.6
12 琉球の塼と煉瓦 『南島考古』 第 30 号 2011.5
13 琉球諸島におけるグスク・琉球王国時代の礎石建物(1)-礎石- 『読谷村立歴史民俗資料館紀要』第36 号 2012.3
14 明朝系瓦と琉球近世瓦の名称 『壷屋焼物博物館紀要』第 14 号 2013.3
15 復帰 40 年の検証 文化財行政・世界遺産保護復帰 40 年 沖縄国際大学 2013.3
16 『琉球古瓦の研究』 榕樹社 2013.9
17 琉球列島出土の刀子 『総合学術研究紀要』 第 17 巻 沖縄国際大学 2013.12
18 高麗系平瓦の編年 『あじまぁ』19 号名護市立博物館 2015.3
19 沖縄県の近代煉瓦と建物 『南島考古』 第 35 号 2016.6
20 琉球列島における厨子の造形文化と葬墓制(1)厨子の起源 『南島考古』 第 36 号 2017.7