文字サイズ

吉田 肇吾(YOSHIDA,KEIGO)

所属: 総合文化学部 日本文化学科

職階: 講師
担当科目: 卒業論文、ゼミナールⅠⅡⅢⅣ、図書館文化論
      司書課程科目:生涯学習論、図書館制度・経営論、
      情報サービス論、情報サービス演習Ⅱ、図書館施設論
      司書教諭科目:学校経営と学校図書館、情報メディアの活用

プロフィール
主要学歴図書館情報大学大学院 図書館情報学修士課程修了
学位修士(図書館情報学)
研究分野図書館情報学、図書館政策、図書館経営、図書館建設
情報行動
所属学会・協会等情報メディア学会、日本図書館情報学会、日本学校図書館学会、
日本図書館研究会、日本図書館、文化史研究会、西日本図書館学会、
日本図書館協会、全国学校図書館協議会
主要な社会的活動日本図書館協会(評議員、第 27~29 期)
沖縄県図書館協会(理事、平成 17 年3月)
那覇市立図書館協議会(会長、平成 16 年3月)
南風原町立図書館・文化センター建設委員会
(図書部会長、平成 15 年3月まで)
沖縄県読書推進運動協議会(理事、平成 17 年3月)
那覇市社会教育委員会(委員、平成 19 年3月)
沖縄市図書館づくり懇話会(会長、平成 27 年3月)
沖縄県立図書館協議会(会長、平成 27 年3月)
宜野湾市民図書館協議会(会長、現在に至る)
中城村護佐丸歴史資料図書館協議会(会長、現在に至る)
E-mail・ホームページ等yoshida@okiu.ac.jp

教育活動等

年月日主な教育活動摘要
学内での教育活動
2011 年 9 月~1 月、2014 年 10 月~1)文化情報学基礎演習
図書館文化論
平成 26 年度後期、日本文化学科2年次、全 15 回(H26 の学生数 2年生:34 名)専門課程で図書館情報学ゼミへの所属を希望する学生のプレゼミと位置づける。3 年次からの各自のテーマ研究に入る前に、図書館関連法規、政策、国の理想像と調査による現実の比較等、基礎的知識と分析枠組みを獲得させる。さらに、現代の公共図書館が直面する諸問題を取り上げ、内容把握、問題点、対処方法を考察させる。同内容は、新設科目「図書館文化論」に移行。
1998 年4月~2)ゼミナール I・II ・III・IV日本文化学科3・4年次、専門科目、全 15 回専門課程での図書館情報学ゼミと位置づける。お互いに学び合うゼミとして、各自が卒論のテーマ設定から、論文促成作業を展開させるが、テーマ・方針発表、中間発表の他は個別指導を主とする。最後に発表・質疑・応答の時間を設ける。
作成した教科書
1998 年4月1)「レファレンスサービス演習」(改訂版 理想社)
図書館司書課程の必修科目「レファレンスサービス演習」のテキスト。現在の改訂版に至るまで版を重ねる。
2005 年4月2)「情報メディアの活用と展開」(改訂版 青弓社 2009 年3月)
学校図書館司書教諭課程の必修科目「情報メディアの活用」のテキスト。現在の改訂版に至るまで版を重ねる。
2002 年5月3)「学校経営と学校図書館」(改訂版 学文社 2008 年8月)
学校図書館司書教諭課程の必修科目「学校経営と学校図書館」のテキスト。現在の改訂版に至るまで版を重ねる。
1997 年 10 月~4)「情報検索演習」
「情報サービス演習 II」
図書館司書課程の必修科目「情報検索演習」の資料・演習問題。情報検索のキーポイント、各種データベース、インターネット情報資源の検索などについて、図書館での利用者からの質問をもとに実践的な問題構成として演習時間に配布し、今日に至るまで改訂を続けている。2013 年 4 月から「情報サービス演習 II」に移行。
1998 年4月~5)「情報メディアの活用」学校図書館司書教諭課程の必修科目「情報メディアの活用」の資料・演習課題。学校図書館関係の資料作成の演習課題として、「図書館だより」や「パスファインダー」の作成方法をまとめ、同科目後半の PC 教室での演習時間に配布している。
学生支援活動
1998 年~2012 年1)図書館オリエンテーション新入生に対するオリエンテーション。
「図書館司書資格」と「学校図書館司書教諭資格」の内容・取得方法、卒業後の進路等につき、資料を配付して概要を説明し、新しい動向を反映させた情報提供・周知案内をする。
1998 年6月~2)ゼミナール合宿:図書館見学夏季または春季ゼミ合宿の期間中に、図書館見学を組み込み、学生達が希望する県内の公共・大学・学校図書館を訪問し、職員から図書館の現状と課題について説明を受けたうえで、施設・設備を見学させてもらう。
2010 年4月~3)キャリア支援(公務員)3・4年生の「演習(ゼミ)」で、前期の1時間を使用し、公務員試験に合格したゼミOGを呼び、「公務員試験対策」と称して、試験準備の方法・内容、さらに現在の業務内容などについて具体的に話をしてもらい、学生達の意識を高める。
学外での教育活動
2000 年 10 月~1)琉球大学での非常勤教員平成12年度以降、 琉球大学
後期「情報メディアの活用」2単位 60名
2010 年4月~前期「学校経営と学校図書館」 2単位 60名
2010 年6月~2)沖縄県公共図書館初任者研修講師沖縄県公共図書館連絡協議会主催の研修会において、公共図書館への初任者を対象として講師を務めている。
2010 年 11 月3)近畿大学での非常勤教員平成23年度以降、近畿大学の沖縄スクーリング
「情報サービス演習」2単位 約20名
「情報資源組織演習」2単位 約20名
2010 年 11 月4)沖縄市立図書館セミナー
沖縄市民に対して、公共図書館の機能と役割をわかりやすく紹介する。
2012 年7月5)那覇市学校図書館司書研究会那覇市立小中学校図書館における司書教諭と学校司書の役割を説明し、事務職員としての学校司書がすべきこと・留意点を具体的に説明する。
2015 年1月6)沖縄市学校図書館司書研修会沖縄市立小中学校図書館における司書教諭と学校司書の役割を説明し、児童・生徒への対応時に学校司書が留意すべき点について具体的に説明する。
2016 年 7 月7)県立学校事務員(図書館担当)研修会高等学校図書館における学校司書の役割を説明し、児童・生徒への対応時に学校司書が留意すべき点について具体的に説明する。
2016 年 7 月8)沖縄県小中学校司書研究会研修会小中学校図書館における学校司書の役割を説明し、児童・生徒への対応時に学校司書が留意すべき点について具体的に説明する。

研究活動等(著書・論文等)

「レファレンスサービス演習」 理想社、1999 年
「沖縄における教育の課題」沖縄国際大学、2002 年
「学校経営と学校図書館」学文社、2002 年
「情報メディアの活用と展開」青弓社、2003 年
「レファレンスサービス演習 改訂版」 理想社、2005 年
「情報メディアの活用と展開 改訂版」青弓社、2008 年