文字サイズ

ニュース

【南島研】第214回シマ研究会「桐板とトンビャン」をオンラインで開催します。

南島研
南島文化研究所では下記のとおり、第214回シマ研究会「桐板とトンビャン」をオンラインで開催いたします。
多くの皆様がご参加くださいますようご案内申し上げます。

■報告者
又吉 光邦(南島文化研究所 所員)

■司会
崎浜 靖(南島文化研究所 所長)

■概要
桐板を一般的にトンビャンと発音し、その素材については、幻の布/幻の繊維などという表現がなされてきた。報告者は、古文書や明治期の新聞、そして実際に残されている貴重な古布裂を調査した結果として、大きくトンビャンと発音される植物繊維には2種類あり、その一つは中国産の麻系の繊維、もう一つは沖縄産のリュウゼツランの繊維があることを見出した。研究会では、それらについての知見をデジタル顕微鏡の写真などを用いて報告する。

※ 本研究は、「観光資源として活かすための八重山諸島群の伝統染織物についての研究」(科研:16K02101)の助成を受けたものです。

■日時: 2021年6月28日(月) 16:20~17:50

■開催形式: オンライン開催(Zoom、YouTube)
コロナウィルス感染拡大防止のため、大学への入構はできません。

■参加方法: 要 事前申込み(【こちら】のページから申込み下さい)
【Zoom:先着100名人様まで】【YouTube:人数無制限数
申込期限: 6/25(金)16:00まで
※ 参加無料
※ 手話通訳あり

■問い合わせ先:
沖縄国際大学 南島文化研究所
098-893-7967 nanchr@okiu.ac.jp

■主催 沖縄国際大学総合研究機構 南島文化研究所

■ポスター


*********************************************
沖縄国際大学総合研究機構
南 島 文 化 研 究 所

〒901-2701
沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1
Tel: 098-893-7967 (事務窓口:研究支援課直通)
Fax: 098-893-8937
E-mail: nanchr@okiu.ac.jp 
************************************************