文字サイズ

ニュース

ニュース

【南島研】第226回 シマ研究会「漢訳からみえる冠船芸能-老人老女・組踊を中心に-」を」開催します

南島研
南島文化研究所では下記のとおり、第226回シマ研究会「漢訳からみえる冠船芸能 -老人老女・組踊を中心に-」を開催いたします。
多くの皆様がご参加くださいますようご案内申し上げます。

講師
我部大和(南島文化研究所 所員)

コメンテーター
田場裕規(南島文化研究所 所員)

概要
冠船芸能とは、琉球側が中国から来琉した冊封使に対しオモロや端踊・組踊を上演し歓待した芸能のことである。一方で、冠船芸能で上演された演目は、琉球語によるものであった。そのため、琉球側は冊封使に「演戯故事」という漢訳した解説書を作成し、冊封使に呈上した。本報告では、冠船芸能で上演された「老人老女」と組踊について着目し、琉球語の歌詞や詞章、演戯故事による漢訳との比較を行う。それにより、①琉球語の内容と「演戯故事」の漢訳に異同がどのくらいあるのか②琉球側は「演戯故事」の漢訳により冊封使に何を伝えようとしたのか③冊封使に対して冠船芸能を上演した意義とは何か、検討する。

日時:2024年7月23日(火)16時20分~17時50分
開催方法オンライン(zoom)
参加方法事前申し込み(下記の申込フォームよりお申し込みください)

 https://docs.google.com/forms/d/1NhQGaU75uGTcTl46yYHJoo_zKWShw-U8IBH9nude_p0/edit#responses

※申込期限:7月19日(金)17:00まで
※参加無料
※zoomミーティングID・パスコードは、イベント当日の15時頃、申込各位のメールアドレスに送信させていただきます。

10名限定にて来場見学可能(沖縄国際大学 13号館1階 会議室)
来場希望の方は、7月19日(金)までに下記の南島研メールよりお問い合わせください。

問い合わせ先:
沖縄国際大学 南島文化研究所
098-892-1111(内線6108) 
nanchr@okiu.ac.jp

主催 沖縄国際大学総合研究機構 南島文化研究所


ポスター