文字サイズ

ニュース

【教員各位(大学院担当教員含)】6月2日(水)から6月22日(火)までの対面授業の オンラインによる特例授業への全面転換について

新型コロナ
令和3年5月24日

教員各位
(大学院担当教員も含む)

理事長・学長 前津 榮健
(危機管理対策本部長)


6月2日(水)から6月22日(火)までの対面授業の
オンラインによる特例授業への全面転換について


 沖縄県内では新型コロナウイルス感染症の感染拡大が収まるどころか、感染者数が連日過去最高を更新するなど増加の一途を辿っており、本学においても、本学関係者の感染や濃厚接触等の報告が相次いでなされている状況にあります。加えて、5月23日には新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急事態宣言の適用対象地域に沖縄県も追加されました。これを踏まえて、沖縄県からは、大学に対して、「原則オンライン授業とし、困難な場合はクラスを分割した授業や大教室の活用などの実施により密を回避する」よう協力要請が出されております。
 本学では、授業時の収容人員を50%以下におさえ、総滞留人員を抑制するなど、対面授業の実施にあたっても密の回避に努めてきたところですが、現下の状況をふまえれば、沖縄県の要請に応え、さらなる感染拡大防止に努めなければなりません。そのため、6月2日(水)から6月22日(火)までの間は、対面授業をオンラインによる特例授業へ全面転換することといたします。

 本日5月24日(月)から6月1日(火)までは、特例授業への全面転換準備期間とし、令和3年4月28日付で告知した「5月6日(木)から6月1日(火)までの対面授業のオンラインによる特例授業への転換の推奨について」の取扱いを継続しますが、科目担当教員は、受講生への丁寧な説明と周知を図りつつ、可能な限りすみやかに、対面授業をオンラインによる特例授業へ切り替えてください。特例授業の実施後は、学務課へフォーム「授業実施報告」にてご報告ください。

 また、大学院についても、6月2日(水)から6月22日(火)までの間は、対面授業をオンラインによる特例授業へ全面転換してください。

 オンラインによる特例授業の実施にあたっては、いわゆる同時性または即応性を持つ双方向性(対話性)を有する同時双方向型や、オンライン授業の終了後にすみやかに設問回答・添削指導・質疑応答等による十分な指導や学生の意見交換の機会の確保をおこなうオンデマンド型など、科目担当教員それぞれの創意工夫により、対面授業に相当する教育効果が担保される授業形態に御留意いただいているところですが、ひきつづき、受講生ひとりひとりへの丁寧な説明や周知も含め、御尽力のほどお願いいたします。

 6月24日(木)以降の授業形態の取扱いについては、6月16日(水)前後に改めて告知します。