文字サイズ

ニュース

卒業生よりマスク5,000枚の寄贈がありました

TOPICS
 5月25日(月)、書籍やウェブ制作などを展開する株式会社YUKAZEの羽地広大さんと上原慶大さんよりマスク5,000枚を寄贈いただきました。羽地さんと上原さんは共に2009年度に本学を卒業後、現在の会社を起業し勤務されています。
 新型コロナウィルス感染予防対策として「沖縄マスクプロジェクト(沖マス)」を立ち上げました。期間限定でマスクを販売し、郵送など日々業務に追われているとのこと。今回の寄贈に当たり羽地さんは「日頃よりお世話になっている自治体をはじめ、母校にも何か貢献したいという想いがあった。是非活用して欲しい」とお話がありました。

 

 前津榮健学長は「卒業生のご厚意は本当に嬉しく思う。お仕事で活躍され、地域へ貢献していることは素晴らしいこと。感謝しかいない」と述べました。また提供していただいたマスクについては、「在学生、教職員、受験生に対し、大事に使用させてもらいたい」と敬意を示しました。


(右から上原慶大さん、羽地広大さん、前津榮健学長、在学当時のゼミ担当教員・尚真貴子先生)