文字サイズ

相談に際してのお願い(新型コロナウイルス感染症対策)

現在、大学内の入構を一部、制限しています。
何卒、ご理解の賜りますようお願い致します。

下記のとおり新型コロナウイルス感染症対策を実施し、9月1日(火)より相談業務を再開いたします。

相談者様に関しましては、下記内容をご確認いただきご協力をお願いいたします。




1.受付時には、受付にあるアルコール除菌液での手の消毒、マスクの着用をお願いします。

2.診察までの待ち時間は、原則、お車の中での待機をお願いいたします。
 待合室の利用を希望される方は、予約時にお申し付けください。

3.当日、37.5℃以上の発熱や体調不良のある場合、
 当日の相談をお控えいただくようお願いいたします。

4.2週間以内に海外への滞在歴がある、または滞在歴のある方と接触された方
 2週間以内に他県から来られた方は予約をお控えいただく場合がございます。


本学としましても、感染防止対策に最大限配慮し、相談業務に取り組んで参りますので、
ご理解ならびにご協力くださいますようよろしくお願いいたします。




心理相談室

専門家があなたの悩みや疑問について
あなたと共に考えます。


現代社会は、以前に比べ物質面では豊かになると同時に、以前は考えられなかったストレスを生み出し、学校、家庭、職場でさまざまな悩みを抱えている人もたくさんいます。
また、自分の人生について、じっく考えてみたい人も増えてきています。
「心理相談室」では、こうした現代を生きるみなさまの悩みや疑問について、こころの専門家であるカウンセラーが、ともに考え、より豊かな人生を送るサポートをします。


【心理相談室とは? どんなことをしているのか?】
大学院地域文化研究科の附属施設として心理相談室が2003年12月に設置されました。(財)日本臨床心理士資格認定協会より認められた相談室です。

心理相談室は、地域社会の人々のこころの健康に貢献するとともに同研究科人間福祉専攻臨床心理学領域の大学院生の教育、訓練のための施設です。
個人の心の悩み、家族の問題、学校の問題など、相談・援助活動を行っています。

相談室での外来面接等は、教員や相談室専任の嘱託公認心理師・臨床心理士の指導のもとで、公認心理師・臨床心理士をめざす大学院生が担当します。さらに担当するケースについて、ベテラン公認心理師・臨床心理士のスーパーヴィジョン(助言・指導)を受け、ケースカンファレンスに参加し、臨床能力を身につけていきます。

公認心理師・臨床心理士が少しでも地域のみなさまのお役に立てれば幸いです。



【プレイルーム】


【心理相談室入口】


【相談内容】

●子ども
発達や学校などの相談

●成人
性格の悩み
人間関係の悩み
自分らしく生きたい

●教師
生徒の問題行動への対応
保護者との連携など

●保護者
子育ての悩み
お子様の教育・発達など

●高齢者
人生をゆっくりと振り返りたい

●その他
上記以外でも、年齢に関わらず、どなたでもお越しいただけます。

*当相談室では、お話いただいた内容の秘密は、堅く守られますので、安心してお越し下さい。
*ご相談の内容等によっては、他の機関をご紹介することもあります。


【相談受付時間】

火曜日~金曜日 10:00~18:00
土曜日     10:00~18:00

*日曜日、月曜日はお休みです。
*予め、電話でお問合せ下さい。


【予約方法】
来室される方は、あらかじめ下記の直通電話でお申込みいただき、日時を決めて来室してください。(予約制です)


【連絡先】
心理相談室直通:098-893-3771
メール:oiucr@okiu.ac.jp


【相談料金】
相談料金
初回面接2,500円
初回並行面接 *13,500円
継続面接(2回目以降)2,000円
継続並行面接 *23,000円
心理検査2,500円
● *1、*2は、親子・夫婦など同時に2人の担当者がつく場合。
● 健康保険は適用できません。
● 減免制度があります。詳しくはお問い合せください。



【担当者】
本学教員
上田 幸彦 (教授・公認心理師・臨床心理士)
井村 弘子 (教授・公認心理師・臨床心理士)
平山 篤史 (准教授・公認心理師・臨床心理士)
野村 れいか (講師・公認心理師・臨床心理士)

嘱託カウンセラー
牛田 洋一 (公認心理師・臨床心理士)
稲田 梨沙 (公認心理師・臨床心理士)
滝  友秀 (公認心理師・臨床心理士)

大学院生
大学院生もカウンセリングをサポートします。
(大学院地域文化研究科人間福祉専攻臨床心理学領域在学生)


【場所】
沖縄国際大学7号館1階


[リンク集]
ウェブ版 臨床心理士に出会うには
http://www.jsccp.jp/near/