文字サイズ

ニュース

上江洲ゼミが全国16大学19ゼミによるディベート大会「第24回合同ゼミ」に参加しました!

TOPICS
10月31日(土)に、北は北海道から南は沖縄まで全国16大学の民事訴訟法ゼミ(19ゼミ)によるディベート大会「第24回民事訴訟法合同ゼミナール(2020年度)」、通称「合同ゼミ」が開催され、本学からは上江洲ゼミ(法律学科)が参加しました。

この合同ゼミは、早稲田大学と松山大学の民事訴訟法ゼミの2ゼミ交流会からスタートしたそうですが、今年度は全国16大学19ゼミから学生・教員合わせて360人以上が参加する大規模ゼミ交流会となっています。ちなみに、沖縄からの参加は本学のみで、上江洲ゼミは第15回合同ゼミ(2011年度)から参加しているとのことです。
本来、この合同ゼミは参加校による持ち回り開催のため、今年度は広島大学での開催が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響により、初のオンライン開催となりました。

上江洲ゼミは3つの最新判例テーマにエントリーし、早稲田大学・名城大学・北星学園大学の学生さんと判決理由・結論に賛成・反対の立場に分かれて議論を戦わせました。オンライン開催ということで、ディベート中に通信や機器の不具合が起こることもありましたが、他大学の学生さん達とのディベートを通して、さらに知識を深め合い、様々な視点や考え方と出会うことができ、大学の中だけでは得られない貴重な経験をすることが出来ました。

上江洲ゼミの皆さん、準備から発表までお疲れ様でした。


    ※集合写真撮影時のみマスクを外しました。