文字サイズ

ニュース

本学名誉教授が「地域環境保全功労者環境大臣表彰」を受賞

TOPICS
 本学名誉教授の宮城邦治教授が、本年度の「地域環境保全功労者環境大臣表彰」に選ばれ、本日そのご報告を兼ね、前津学長を表敬訪問されました。

 

 環境大臣表彰は、毎年、環境省が環境保全、地域環境保全及び地域環境美化に関して顕著な功績があった者(個人及び団体)に対しその功績を讃え行っているもので、去った11月17日には県庁において伝達表彰式も行われました。
 
 宮城教授は、沖縄県の環境影響評価制度の創設時から沖縄県環境影響評価専門委員、沖縄県環境影響評価審査会の副会長、会長を歴任し、専門の動物生態学に限らず、様々な観点から環境影響評価制度の推進に大きく貢献したことが評価され今回の受賞に至りました。

 前津学長は「宮城先生のこれまでのご功績が評価された結果だと思います。これからも頑張ってください。」と祝福の言葉を述べられました。
 宮城教授は「沖縄は豊かな自然に恵まれていますが、民間や米軍関係などで様々な事業が行われています。今回の受賞を機に、あらためて沖縄の大切な自然環境を守るため、審査会などでしっかりと審議、提案をしていきたいと思います。」と今後の抱負を述べられました。


           (右から宮城邦治名誉教授、前津榮健学長)